読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は結婚記念日・・・忘れていました。

ここ数年結婚記念日を覚えていたことはない。

当日思い出したことは良いほうである。

結婚してから十数年、妻は実家の寝たきりの母親の看病で、

毎日1時間かけて車で通っていた。

 

結婚式でキャンドルに灯をともす。

新郎新婦の席のキャンドルは大きくメモリがついている。

結婚記念日にそのキャンドルに火を灯すように言われた。

1年目の記念日、一人で火を灯した。

数時間後妻が帰ってきたが、メモリまで届かず火は灯ったまま。

妻と祝った。

2年目、3年目とこれが続いたが、下になるほどキャンドルは太く、

3時間、4時間灯しても目盛には届かない。

早くメモリまで行くように、芯を2つ、3つとし、

溶けて液状のロウを紙でぬぐい、

早くメモリまで行くように工夫した。

5年ころからは半日以上かかるようになり、灯すことはやめた。

正月にはアイスキャンドルをつくっていたので、

これに使おうとした。

10センチ程度の長さに切ろうとした。

カッターでは切れない・・・ノコで切った。

ロウがノコの刃にくっ付きなかなか切れない。

 

皆はこのキャンドルを活用したのだろうか?

キャンドルを考えた人はこの現実を考えていたのだろうか?

このキャンドルがあって良かったと思ったことはない。

毎年苦痛の記念日であった。

 

結婚式は11月9日だが、婚姻届を出してくれた人が、

届けた日を書いてしまったので、

戸籍上ではその後の日が婚姻の日となっている。

妻はこれを知らない。

f:id:isourounomitu:20151110011159j:plain

アスパラの実

f:id:isourounomitu:20151110011213j:plain