ソメイヨシノと千島桜

f:id:isourounomitu:20210511001122j:plain

 5月8日ソメイヨシノが満開。

5日はツボミばかりだったのだが、

最高気温が20度に迫る暖かい日が続いたからだろう。

f:id:isourounomitu:20210511001153j:plain

 ようやく青空をバックに写せた。

逆光で花そのものの色合いが落ちるが、青空は良い。

f:id:isourounomitu:20210511001223j:plain

 透ける花びらも春を感じる。

こんな所で写した。

f:id:isourounomitu:20210511001253j:plain

 

f:id:isourounomitu:20210511001351j:plain

f:id:isourounomitu:20210511001409j:plain

 

 強風の中、一瞬風が弱まった時をねらって写しているのだが、

花が丸まっているように見える下の写真は、後ろから吹く風のせい。

f:id:isourounomitu:20210511001453j:plain

f:id:isourounomitu:20210511001515j:plain

f:id:isourounomitu:20210511001603j:plain

f:id:isourounomitu:20210511001645j:plain

f:id:isourounomitu:20210511001702j:plain

(太陽と桜 ― 反射板を使うところ、今回はフラッシュの力を借りて撮影)

 

f:id:isourounomitu:20210511001755j:plain

f:id:isourounomitu:20210511001835j:plain

ホオジロ 5日ソメイヨシノはまだこんな状態だった)

f:id:isourounomitu:20210511001937j:plain

ヒヨドリ

f:id:isourounomitu:20210511002012j:plain

(コムクドリ

f:id:isourounomitu:20210511002050j:plainf:id:isourounomitu:20210511002122j:plain

ソメイヨシノ)             (千島桜

 

 エゾ山桜は、しぶとく咲き続けているように見えるが、

散り落ちた花びらが多かった。

 

f:id:isourounomitu:20210511002327j:plain

(以下千島桜

f:id:isourounomitu:20210511002404j:plain

 千島桜はまだ花びらを保っているのが多いが、

散る前に、裏のガクの☆が、よりはっきりと模様のように浮き出てくるように感じる。気のせいかも。

f:id:isourounomitu:20210511002447j:plain

f:id:isourounomitu:20210511002518j:plain



 

 

ミズバショウと池の鳥

f:id:isourounomitu:20210509002834j:plain

コガモ
 大きな池に続く湿地帯。

いつものようにミズバショウが静かに咲いている。

f:id:isourounomitu:20210509002936j:plain

f:id:isourounomitu:20210509002949j:plain

 茂みのすき間から望遠で写す。

茂みを超えれば良い写真が撮れるのはわかるが、

ぬかって動けなくなるだろうこともわかる。

f:id:isourounomitu:20210509003023j:plain

f:id:isourounomitu:20210509003037j:plain

f:id:isourounomitu:20210509003052j:plain

 

 水がなくなったくぼ地にも咲いている。

f:id:isourounomitu:20210509003120j:plain

f:id:isourounomitu:20210509003134j:plain

 

  大きな池のはるか遠くで、コガモがのんびり浮かんでいる。

f:id:isourounomitu:20210509003302j:plain

f:id:isourounomitu:20210509003321j:plain

 暇そうな・・・私と同じか。

f:id:isourounomitu:20210509003354j:plain

f:id:isourounomitu:20210509003415j:plain

 餌はあるか・・・私は食べ過ぎ。

f:id:isourounomitu:20210509003450j:plain

f:id:isourounomitu:20210509003503j:plain

 気ままな動き・・・私と同じだが、私はチビではない。

f:id:isourounomitu:20210509003540j:plain

 

f:id:isourounomitu:20210509003618j:plain

 5メートル程の大きな木。

木の名はわからない。花か実かもわからない。

f:id:isourounomitu:20210509003647j:plain

 

 8日、ソメイヨシノが満開だった。

f:id:isourounomitu:20210509003717j:plain

 今日も静かだ。暇だ。何もない・・・

ただ、新聞配達員に倒れている所を発見された夫人が、施設に入ると挨拶に来た。

f:id:isourounomitu:20210509003814j:plain

 時は静かに流れている。

 

桜その2

f:id:isourounomitu:20210506235443j:plain

 5月6日、連休が過ぎても私は休日。

今日は1日中晴れ、背中の痛みも無くなって、

青空をバックに桜の写真を撮りに・・・・行かない。

f:id:isourounomitu:20210506235532j:plain

 ソメイヨシノ・八重桜・枝垂桜が咲いたら、

青空で撮る・・・きっと。

明日も明後日も、いつまでも休日。

桜その3はまだ先になる。

f:id:isourounomitu:20210506235703j:plain

 今回は、意図も順番も無く桜・桜・桜。

f:id:isourounomitu:20210506235740j:plain

f:id:isourounomitu:20210506235757j:plain

f:id:isourounomitu:20210506235819j:plain

f:id:isourounomitu:20210506235838j:plain

f:id:isourounomitu:20210506235901j:plain

f:id:isourounomitu:20210506235921j:plain

f:id:isourounomitu:20210506235940j:plain

f:id:isourounomitu:20210507000036j:plain

(開いた花がピンク色で赤い葉があるのがエゾ山桜の特長)


f:id:isourounomitu:20210507000009j:plain

f:id:isourounomitu:20210507000355j:plain

f:id:isourounomitu:20210507000426j:plain

f:id:isourounomitu:20210507000442j:plain

f:id:isourounomitu:20210507000505j:plain

f:id:isourounomitu:20210507000521j:plain

f:id:isourounomitu:20210507000536j:plain

f:id:isourounomitu:20210507000552j:plain

f:id:isourounomitu:20210507000613j:plain

 (上下の2枚、まだ小さな木で品種はわからないが、桜だと思う)

f:id:isourounomitu:20210507000743j:plain

 

f:id:isourounomitu:20210507000822j:plain

f:id:isourounomitu:20210507000838j:plain

f:id:isourounomitu:20210507000900j:plain




エゾ山桜と千島桜

f:id:isourounomitu:20210505180528j:plain

 桜などの季節に関わるものを、北海道ではと表現できない。

北海道の桜の開花は、地域により1か月程度異なるので、

我が地域での開花状況。

f:id:isourounomitu:20210505180632j:plain

 今時期咲いているのはエゾ山桜と千島桜

ソメイヨシノや八重桜、枝垂桜の開花はまだ先の事。

f:id:isourounomitu:20210505180701j:plain

f:id:isourounomitu:20210505180718j:plain

 (バックの色は下の草)

f:id:isourounomitu:20210505180801j:plain

f:id:isourounomitu:20210505180818j:plain

 (マルハナバチ

f:id:isourounomitu:20210505180856j:plain

 (ハチかハナアブか?)

f:id:isourounomitu:20210505180934j:plain

f:id:isourounomitu:20210505180959j:plain

 (曇天続き、雲の切れ間のわずかな青空を意識して写した)

f:id:isourounomitu:20210505181143j:plain

 

 北海道では栽培できなかった作物も、温暖化で道南・道央で栽培できるようになってきている。

それは寒冷地用に品種改良がされてのこと。

f:id:isourounomitu:20210505181214j:plain

 リンゴ園を営む先輩は、山の空き地に桜を植え続けている。

本州から取り寄せた100本ほどの苗木の多くは育たなかったそうだ。

f:id:isourounomitu:20210505181303j:plain

 最初のうちは品種名を記載していたが、

何度も植え返しているうちにわからなくなったとの事。

植えた本人がわからないものを、私が知るわけも無い。

f:id:isourounomitu:20210505181353j:plain

 ピンク色がエゾ山桜で、白色が千島桜だと思う。

おそらく。

f:id:isourounomitu:20210505181446j:plain

f:id:isourounomitu:20210505181513j:plain

f:id:isourounomitu:20210505181559j:plain

f:id:isourounomitu:20210505181619j:plain

 

f:id:isourounomitu:20210505181722j:plain

 オマケは鯉のぼり。

青空で写そうと今日まで粘ったが青空の日が無く、

結局風も無い最悪の状態の鯉のぼり。

f:id:isourounomitu:20210505181800j:plain

f:id:isourounomitu:20210505181822j:plainf:id:isourounomitu:20210505181857j:plain

 (小さな鯉のぼり)

 

 

 

コブシ咲く北国の・・・

f:id:isourounomitu:20210503010309j:plain


 桜よりも半歩先に咲くのがコブシ。

遠くの山にポツポツとコブシが白く見え始めると桜も咲き始める。

f:id:isourounomitu:20210503010346j:plain(コブシ)

f:id:isourounomitu:20210503010418j:plain木蓮

 

f:id:isourounomitu:20210503010458j:plain

 薄い花びらのコブシは、花それぞれが好き勝手な方向に咲いていて、やんちゃ坊主の感じ。

おかげで花の中が見える。

f:id:isourounomitu:20210503010540j:plain


 白いコブシとほぼ同時に咲くモクレンは、

厚みの花びらでみんな揃って上を向いている。

貴婦人のよう・・・スカートの中は見せない。

f:id:isourounomitu:20210503010624j:plain


 共通するのは、花びらがすぐに傷むというか、純白を保てない。

f:id:isourounomitu:20210503010659j:plain

f:id:isourounomitu:20210503010721j:plain

 

 私が知る限りでは、コブシは山の中に昔から自然の中で咲いているが、

木蓮は植えられたもので、それも伐採されてだんだん少なってきた。

当然に木蓮の写真も年々少なくなってきた。

f:id:isourounomitu:20210503011029j:plain

(コブシ)

f:id:isourounomitu:20210503011106j:plain

 傷が少ない所を選りすぐっての写真

f:id:isourounomitu:20210503011142j:plain

f:id:isourounomitu:20210503011157j:plain

 

f:id:isourounomitu:20210503011220j:plain

 この木蓮も今は無い(昨年の写真)

f:id:isourounomitu:20210503011311j:plain

f:id:isourounomitu:20210503011331j:plain

木蓮のつぼみ)

 

f:id:isourounomitu:20210503011408j:plain

 オマケにレンギョウ

これも邪魔扱いされているのか減っている。

f:id:isourounomitu:20210503011433j:plain

 この度の地震で、震度5弱だった仙台に住む身内は被害がほとんど無かったとのこと。

地震対策が出来てきているのだろう。

f:id:isourounomitu:20210503011445j:plain

 

それにしてもこの連休 、静かで寂しい。

 

 

春の花たち

f:id:isourounomitu:20210428003213j:plain

 小さな花のサイズ比較にタンポポと写すことがあったが、タンポポを主体に写すことは無かった。

f:id:isourounomitu:20210428003304j:plain

 よく見るタンポポの多くは西洋タンポポ外来種)で、

元々の日本タンポポ(在来種)は貴重だと聞いていた。

繁殖力の違いによるものだとのこと。

近年、アカミタンポポなる外来種が、西洋タンポポよりも勢力を拡大してきているとか。

f:id:isourounomitu:20210428003334j:plain


 どなたのブログか忘れてしまったが、

『日本タンポポは西洋タンポポが咲く前の早春に開花して何とか生き続けている』旨の話が記憶に残っている。

それで、この言葉を思い出し、4月20日タンポポを写した。

f:id:isourounomitu:20210428003410j:plain

 総苞片(花の付けね)が広がっていれば、外来種で、閉じているのが在来種とのこと。

日本タンポポと思って写したのだが・・・残念。

今時期はもう早春ではなかった。

それからタンポポの総苞片なるものをのぞき込む癖が、スカートの中をのぞき込むように。

f:id:isourounomitu:20210428003449j:plain

 のぞき込むと言えばクリスマスローズ

クリスマスローズは人と同じく歳をとると、

のぞき込まなくとも自ら広げることを最近知った。

f:id:isourounomitu:20210428003520j:plain

f:id:isourounomitu:20210428003537j:plain


 独り言を終えて、最近咲いていたスイセン

f:id:isourounomitu:20210428003621j:plain

f:id:isourounomitu:20210428003644j:plain

f:id:isourounomitu:20210428003701j:plain

f:id:isourounomitu:20210428003732j:plain


 ツツジも咲いていた

f:id:isourounomitu:20210428003819j:plain

f:id:isourounomitu:20210428003845j:plain

f:id:isourounomitu:20210428003901j:plain

f:id:isourounomitu:20210428003916j:plain

 マルハナバチも動き始めて

f:id:isourounomitu:20210428004020j:plain

 早咲きツツジ?は色あせ、哀れな姿で何とか頑張っている。

f:id:isourounomitu:20210428004052j:plain

 

f:id:isourounomitu:20210428004114j:plain

フキノトウは色が変わり、

フキの葉?が大きくなりつつある。

f:id:isourounomitu:20210428004148j:plain

 5月前なのに、植物たちはもう夏に向かっている。

f:id:isourounomitu:20210428004217j:plain



白鳥最終 ~白鳥の飛ぶ姿3

f:id:isourounomitu:20210420000602j:plain

 今回は空に舞う姿

f:id:isourounomitu:20210420000625j:plain

f:id:isourounomitu:20210420000637j:plain

 先日、画面上のフォルダーを整理・削除していたが、

そのうち調子よくなり、手拍子・手拍子で削除、削除。

ゴミ箱の中も完全に削除でスッキリ。

f:id:isourounomitu:20210420000731j:plain

 そして今日、今回予定のブログが無くなっている。

あれ~・・・ガックリ。

文書も完璧に出来ていたのに・・・・ウソ

急きょ以前の写真も一部含めて取りそろえた。

f:id:isourounomitu:20210420000803j:plain

居候のポン、光のポンスケ・・・チックショー。

f:id:isourounomitu:20210420000834j:plain

f:id:isourounomitu:20210420000920j:plain

f:id:isourounomitu:20210420000935j:plain

f:id:isourounomitu:20210420000950j:plain

f:id:isourounomitu:20210420001006j:plain

f:id:isourounomitu:20210420001019j:plain

f:id:isourounomitu:20210420001034j:plain

f:id:isourounomitu:20210420001048j:plain

f:id:isourounomitu:20210420001103j:plain

f:id:isourounomitu:20210420001128j:plain

 毎年時期ごとに同じように連載しているのだが、

進歩も変化もなにもなく、これからも続けるだろうな。

f:id:isourounomitu:20210420001232j:plain

f:id:isourounomitu:20210420001251j:plain

f:id:isourounomitu:20210420001306j:plain

f:id:isourounomitu:20210420001323j:plain

 
 最後のオマケは背が低いカンザキアヤメ??かな。

f:id:isourounomitu:20210420001402j:plain

f:id:isourounomitu:20210420001416j:plain


 長い間のお付合い、ありがとうございました。

写真が整うまでの間しばらくブログは休憩。