読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻の兄弟が勢ぞろい

二男が久しぶりの来道するとのことで、長女夫婦と3男が集合。

妻は末っ子で両親と長男は他界している。

4組の寝具を用意するが、部屋と寝具にはゆとりがある。

兄弟の会話にはついていけないが、昔の思いを語る顔に満足である。

たるんだ皮膚としわが、話に重みを感じる。

生活様式も、趣味も異なっているが、

現政策に対する批判は一致しているようだ。

現職のときはそれなりの役職で、あるいは事業を展開していたが、

過去にとらわれず、現状の立ち位置を自覚している点が良い。

にくまれない高齢者の楽しい親睦であった。

 

酔芙蓉が北海道の路地で咲いた。朝は白、昼はピンク、夕方には赤。しぼんだ赤い花は昨日咲いていたもの、1日で変化し散ってしまう。

f:id:isourounomitu:20150719235236j:plain

f:id:isourounomitu:20150719235222j:plain

f:id:isourounomitu:20150719235251j:plain