八重桜と枝垂桜は満開です。

f:id:isourounomitu:20180521234210j:plain

八重桜

 

 早かった雪解けに対し、5月の気温は例年より低く、

八重桜と枝垂桜は昨年と同じ時期の開花だった。

 

f:id:isourounomitu:20180521234309j:plain

枝垂桜


 バスを利用した町内会の食事会(40人)を先日終え、
高校同期会の準備も今日ほぼ整ったところ。
 これらの事務作業に追われ、ブログの更新が遅れていることに一昨日気が付く。

 

f:id:isourounomitu:20180521234410j:plain


 昨日、全町一斉にゴミ拾いや、道路わきの草刈りをする「ごみ0の日」の早朝作業を終えて、久しぶりにカメラを持って出かけた。

 

f:id:isourounomitu:20180521234501j:plain

リンゴの花

 

 場所は近くのリンゴ園。
後継ぎがいなく、収穫作業もきつくなってきたということから、私が勧めて、自分でリンゴをもぎ取るオーナー制となっている。

 

f:id:isourounomitu:20180521234642j:plain f:id:isourounomitu:20180521234703j:plain


 あれから20年、奥さんも他界して80歳近い彼は、毎年少しずつリンゴの木を伐り、桜を植えている。
自分が働けなくなったら、桜を見に来てほしいからと。

 

f:id:isourounomitu:20180521234923j:plain


 数十キロ先の雪山を見ながら木の花を写す。
園の南側に山林があり、台風があってもリンゴの被害は少ない。
山林の方から「ホーホケキョ」と数羽のウグイスが鳴き続けている。
重い望遠レンズを持って探すが姿は見えない。

 

f:id:isourounomitu:20180521235035j:plain

 

 足元には小さな花たちが咲いている。
小さな虫たちも動いている。
 退職してから、これらを見るのが楽しくなった。
花に虫が付いている写真はボツにしていたが、今はそれも良しとしている。

 

f:id:isourounomitu:20180521235128j:plain

f:id:isourounomitu:20180521235153j:plain


 帰る前にもう一度と、残り10分に望みをかけて「ホーホケキョ」の声の方に進んだ。
 ようやく見つけて気が付いた。
手に持っていたのは200mmレンズのカメラ。
どうせ見つからないだろうと思う気持ちと、疲れとが無意識に思い望遠のカメラを嫌ったのだろう。

 

f:id:isourounomitu:20180521235239j:plain


中途半端な気持ちが起こすミス。
良く起こす失敗をまたしてしまった。

 

f:id:isourounomitu:20180521235343j:plain

f:id:isourounomitu:20180521235417j:plain

f:id:isourounomitu:20180521235435j:plain

連休は疲れる日々だった。

f:id:isourounomitu:20180512005632j:plainソメイヨシノが満開です。以下11日に写した写真を添付。

 

 知人の若夫婦が親の所有するハワイの別荘に行くことを聞いていたが、ハワイ島の火山活動の報道に心配する。
後に、別荘は別の場所と聞いて一安心。

 

f:id:isourounomitu:20180512010314j:plain

虫も飛んでる、ソメイヨシノ

 

 指先しか動かせない筋ジスの友人夫婦が、大谷―イチロウの対戦を観戦にアメリカに行った。
彼の頑張る姿に感心し、自分が見に行くかのように嬉しく思っていた。
だが、イチロウとの対戦なく、私まで残念な思い。
    
     (Happy-ok3さんがブログで語る、筋ジス疾患 

       のマティ君とは別の種類の筋ジス)

 

f:id:isourounomitu:20180512010038j:plain

ソメイヨシノの奥は、散ってしまったエゾ山桜。


 1日の夜、4日の日ハムの野球観戦無料チケット10枚を送るから、適当に処理してと連絡がある。
いつもより少ない枚数だから簡単に返事したものの嫌な予感。

 翌日、届かなかった。

 

f:id:isourounomitu:20180512011048j:plain

散りかかった梅。  北海道の梅は、元々北海道にあったエゾ山桜や千島桜より開花が遅い。

 

f:id:isourounomitu:20180512011808j:plain

千島桜 周りは全部散っている。


 普通郵便は原則、日・祭日は配送しない決まり。
札幌などの集配局がある地域だけが、配送(配達)されていることを知らなかったようだ。

 

f:id:isourounomitu:20180512012330j:plain

八重桜・・・開花はあと数日か?


 裏を使って、郵便局に届いたら知らせを受け、取りに行くことにしたが、局にも届かなければどうしようもない。

 予定していた者たちに詫びを入れ、そして7日にそれは届いた。

 

f:id:isourounomitu:20180512012726j:plain

早咲きのプルーンかな??


 5万円ほどの物を普通郵便とは?と思うが、『無料』が頭にあり、ついつい普通郵便を使ったのだろう。
気持ちはわかるような。

 

f:id:isourounomitu:20180512012912j:plain

この種のツツジは満開を過ぎています。

 

 そんなことがあった連休。
何時もが連休だから、大型連休に対する意識は無いが、それにしても天候悪く気が滅入った。
家にこもり、遅れている町内会事業の準備や、同期会の準備に追われる。

 

f:id:isourounomitu:20180512013116j:plain

池の側にいたカルガモ

 

 話を聞いてくれと電話が来る。
「隣の夫婦が外で私の悪口を言っている」と。
悪口を言うような隣人ではないし、外の声(普通会話)が家中では聞こえないもの。(北海道の住居は耐熱=防音)
一方的にしゃべり続けられて、しゃべり疲れるのを待つ。

 

f:id:isourounomitu:20180512013627j:plain

モンシロチョウも舞い始めました。

 

 どっと疲れて一休みし、事務作業に戻るが、どこまでやったかわからず、最初から集計のやり直し。
なにか最近疲れる出来事が多いようだ。

 

f:id:isourounomitu:20180512013828j:plain

フキの花

f:id:isourounomitu:20180512013842j:plain

久し振りに見たぺんぺん草(ナズナ

鯉のぼりが舞い、国旗は無かった。

f:id:isourounomitu:20180505105555j:plain

ある農家の鯉のぼり

 

 風に舞う鯉のぼりが好きだが、あまり見なくなった。
車で町の中を回ってみたが、遠くからでも見える3メートルを超える大きな鯉のぼりは数軒だけ。

 

f:id:isourounomitu:20180505105837j:plain

寺が運営する幼稚園の鯉のぼり。

子供(男)の日だから、女の子の鯉は無いのか??

 


 それも、子供の家ではなく、別居のおじいちゃんの家が多かった。

子供が少なくなったこともあるが、兜や室内ものになったのだろうか。


 ふと、国旗が無かったことにきがついた。

 

f:id:isourounomitu:20180505105859j:plain

 

 私が小学低学年の頃、鯉のぼりを上げる前に、鯉のぼりの中に入って遊んだものだった。
鯉のぼりのてっぺんで、カランカランと音を出していたが今はその音は無い。

 

f:id:isourounomitu:20180505105921j:plainf:id:isourounomitu:20180505105954j:plain

2m程度の鯉のぼり  ポールの高さが2m程度。

 

 1960年頃、私の家の旅館に日の丸の旗を売り歩く滞在客がいた。
その客は大量の日の丸の旗を置いて、宿賃を払わず逃げてしまった。
 母は近所にその国旗を無料で配り歩いたが、その頃すでに国旗を掲げる家庭はほとんど無く、数年後にそれはゴミとなった。

 

今咲いている花たち

f:id:isourounomitu:20180505111430j:plainf:id:isourounomitu:20180505111443j:plain

 

 平成11年、国旗及び国歌に関する法律ができた。
学校の式典などで、国旗掲揚、国歌斉唱は強要するものではない(自治体の判断)、という条件付きで。
 各自治体の○○党系議員は、上からの指示で我が自治体は、掲揚・斉唱すべしと迫った。

 

f:id:isourounomitu:20180505111503j:plainf:id:isourounomitu:20180505111526j:plain

 

 我が町でも同様であったが、その議員たちは皆対等に話が出きる者達。
 議会休憩中に、「自分の家で国旗掲揚しないでおいて、人(行政)にさせるというのかい」と私が言ったら、要望として終えた。
・・・議会の場では言えない会話。

 

f:id:isourounomitu:20180505111549j:plainf:id:isourounomitu:20180505111600j:plain

 

 写真が多い時、上のように小さい写真2枚で掲載していますが、クリックの面倒さから1枚ごとの掲載が良いでしょうか? 意見を頂きたくお願いします。

 

f:id:isourounomitu:20180505111617j:plain

桜の花がちらほら咲き始めています。

f:id:isourounomitu:20180430211414j:plain

        エゾ山桜

 

 明日からの天気と自分の予定を考慮して、今日、風で揺れ動く花をなんとか写した。

 

 木蓮・ネコヤナギ・ツツジはほぼ満開。
エゾ山桜は6割、千島桜は3割程度の開花。
ソメイヨシノ・八重桜やリンゴなどの花はまだのよう。

 

f:id:isourounomitu:20180430211906j:plainf:id:isourounomitu:20180430211926j:plain

          コブシ

 

f:id:isourounomitu:20180430212004j:plainf:id:isourounomitu:20180430212027j:plain

         ハクモクレン

 

 27日、天気予報は晴れなれど、北風強く霞んでいる。
黄砂の霞みではないようで、白内障にでもなったのかとふと心配する。

 

f:id:isourounomitu:20180430212429j:plainf:id:isourounomitu:20180430212441j:plain

           ツツジ

 

 焦げ臭いにおいもしてきたが、野焼きでも無いようだ。

ロシアの山火事の煙が、日本海側だけでなく、内陸部の地域にも広がった結果と後で知る。

 

f:id:isourounomitu:20180430212728j:plainf:id:isourounomitu:20180430212739j:plain

            梅


 30日までは晴れて気温も上がると予報されていたが、曇り空で風も強い。

 明日午後からの連休中は天気も崩れるとのことで、取りあえず車でそのへんをぶらぶらした。
公園やキャンプ場には若者がけっこういたが、幼児の姿はほとんど見られなかった。

 

f:id:isourounomitu:20180430213027j:plainf:id:isourounomitu:20180430213042j:plain

          エゾ山桜

 

f:id:isourounomitu:20180430213654j:plainf:id:isourounomitu:20180430213712j:plain

           千島桜

 

スズメと花が春を知らせてくれた。

 スズメが集まるいつもの松の木の茂みの中から、

いつもと違うさえずりが聞こえた。
よくよく見てもスズメしか見えない。
スズメが追っかけっこをしている。


 春の巣作りが始まると、今まで仲間のスズメたちは、
変わった声で威嚇しあい、追い掛け回すとことを思い出した。

f:id:isourounomitu:20180422234715j:plain

 

 その松のある近所の庭には、春の花があちこちに咲いていた。

 

f:id:isourounomitu:20180422234807j:plainf:id:isourounomitu:20180423000241j:plain

 

 氷の力で盛り上がった土は、まだそのままの状態で、

クロッカスやプスキニアが咲いている。

 以下説明なしで、昨日咲いていた花々を掲載します。

 

写真は大きくできます。

f:id:isourounomitu:20180422235528j:plainf:id:isourounomitu:20180422235851j:plain

f:id:isourounomitu:20180422235538j:plainf:id:isourounomitu:20180422235602j:plain

f:id:isourounomitu:20180422235639j:plainf:id:isourounomitu:20180423000512j:plain

 

f:id:isourounomitu:20180423000347j:plainf:id:isourounomitu:20180423000404j:plain

f:id:isourounomitu:20180423000455j:plainf:id:isourounomitu:20180423000628j:plain

f:id:isourounomitu:20180423000645j:plainf:id:isourounomitu:20180423001043j:plain

f:id:isourounomitu:20180423000808j:plainf:id:isourounomitu:20180423000822j:plain

 

どっと疲れてしまいました。

 前回のブログから1週間、寒暖の差もようやく落ち着いて、15℃程度の日が続きそうだ。

 

前回の写真4月8日撮影    左の福寿草4月12日撮影

f:id:isourounomitu:20180419202001j:plainf:id:isourounomitu:20180419202038j:plain

 

 またクジャクチョウが群れていた。
 使われなくなった木造の大きな物置の中で、クジャクチョウがふ化して、窓を開けると飛び立つそうだ。
日当たりは良いが、緑も水も無い物置で、2年前から繰り返していると言う。

 

f:id:isourounomitu:20180419202305j:plainf:id:isourounomitu:20180419202649j:plain

 

 

 自治区(町内会)で、街路灯をLEDに替えていく協議中
と言いたいところ、前段で苦慮してしまった。
北電の請求通りに支払いをしてきたが、基数もワット数も合っていない。

f:id:isourounomitu:20180419202829j:plain

 

 2週間ほど前から、自治区の戸別地図を作り、街路灯の位置を落とし、ようやく台帳までの作業をほぼ終えたまま止まってしまった。
 現況に合わせると、年額20万円以上の追加支払いとなる見込み。
 北電の台帳は、昔の小さなワット数のままになっているようだ。

 

f:id:isourounomitu:20180419203043j:plain

 

 台帳の完成は、LEDに順次替えて・・・何年か後に。
地図は活用できるが・・・・
 あーあ・・・・どっと疲れてしまった。

 

f:id:isourounomitu:20180419203133j:plain

 

 さあ、気持ちを入れ替えてと人は言う。
私は、忙しい忙しいと言いながら、頑張りはしない。
春の陽ざしを浴びて昼寝でもして、
夜は酒を浴びれば1日が終る。
今はそう言える余裕、意地の余裕。
後にどうなるかは想像つくが、春は来たばかり。

 

f:id:isourounomitu:20180419203229j:plain

 120坪の庭のあちこちにクロッカスが咲いている。

邪魔だからと、毎年引き抜いて端の方に投げつもりが、

みな生き続けて、結果は植栽したことになったとのこと。

 

f:id:isourounomitu:20180419203330j:plain

これでも春なのですね。

f:id:isourounomitu:20180411224738j:plain

福寿草はまだ咲いています。奥の白は排雪地の残雪。

 

 前回のブログで、春の訪れのようなことを書いた。

次回は春の陽気を表現しようと思っていた。

 だがその後、低い気温が続き、強く冷たい風が吹き、雪も降った。
ここ数年、同じ様な気候状況。

 

雪がちらつく4月7日撮影

f:id:isourounomitu:20180411224811j:plain

f:id:isourounomitu:20180411225101j:plain

 

 4月上旬まで残雪があり、中旬から気温が上がり続け、
5月連休の頃に桜が咲き・・・
我が地域の春は、4月中旬から5月中旬の短い春。
という認識が崩れそうである。

 

4月8日撮影

f:id:isourounomitu:20180411224854j:plain


 気候は少しずつ変化しているように感じる。
生活様式も変化していると思う。
変化していないもの・・・ふと思った。

 

4月8日撮影・・・午後に雪は解けた

f:id:isourounomitu:20180411224919j:plain


 内閣支持率は絶えず変化するが、内閣不支持の圧倒的1位を続けている理由は「信用できない」。
暇だからちょっと言ってみたかっただけ。

今回は取りあえずの報告まで。

 

4月11日撮影・・日当たり良く、風が当たらない河川敷で

f:id:isourounomitu:20180411224940j:plain