町内会の夏まつりを終えて。

 

f:id:isourounomitu:20190717002927j:plain

(今回の写真は、前回ブログの芋畑近くの風景の写真と沢に咲く花の写真)

 

 異常気象なるものも通常気象となりそう。
南の方は豪雨で関東方面は冷夏が続いている。


昨年の今頃、東京では真夏日が続いたそうで、近年の天候はどちらかに偏り過ぎるように思う。

 

 

f:id:isourounomitu:20190717003039j:plain



 本州で梅雨入りしたころ、近年は我が地域(広い北海道は地域差が大きいので我が地域と表現する)も雨の日が続き、
北海道にも梅雨があるのではないかと言う人も多い。
むろん、本州の梅雨のつらさを知らない者の思い。

 

f:id:isourounomitu:20190717003254j:plain

 今年の我が地域は、雨マークの予報でも小雨がぱらつく程で、ジメジメした曇天が続き、雨不足と日照不足。


そのせいか、花の開花時期が長引いているようにも思う。


モンシロチョウなどの白い蝶だけは、目につくことが少しずつ増えているような感じ。

 

f:id:isourounomitu:20190717003343j:plain

(天狗様のうちわの様な、巨大な葉のトチノキ?)

f:id:isourounomitu:20190717003403j:plain

 

 

 


 そんな天気に悩まされながら、町内会の夏まつり。
見る天気予報によって雨と曇りに別れている。


 準備をしてから雨が降れば、何だかんだと笑われるのを覚悟してゴーサインを出した。

 

f:id:isourounomitu:20190717003835j:plain



 夏まつりと言っても、ジンギスカンとビールにカラオケが中心。


ジンギスカンを焼く機材はドラム。
(ドラム缶を縦に半分に切り、舟形の丸い方に足を付け、内に炭受けの網を張り、上に肉をのせる網を置く。)


椅子は足場板。
(1升ビン6本を入れるプラスチック箱を台に、30㎝幅の板を乗っける。)


そんな機材やテントなどを運び入れ、カラオケセットは同好会に委託。


トイレや電源などは公共施設使用で、会場はその駐車場。
(この施設、グリーンピアなど全国各地に不要施設をつくって年金積立金を使い切って問題になった施設の一つ。問題が表面化したとき、お願いされて町が1万円で買い取ったもの・・・年金問題はここにある)

 

f:id:isourounomitu:20190717004051j:plain

ノリウツギ?か ツルアジサイ?か)

f:id:isourounomitu:20190717004109j:plain


 飲み物販売は子供会、焼きソバは女性(見守り)グループで、売り上げが活動資金の一部になる。


食券(肉300gとおにぎりで500円)を付合いで求める方の一部は持ち帰りも多い。

 

f:id:isourounomitu:20190717004213j:plain

(よく見かけるが名は忘れた)

f:id:isourounomitu:20190717004230j:plain


 20回目の夏祭、あれから20年、あの頃の実働部隊の多くは60歳代で50歳の私は使い走りの若僧。


 私が重い物を持とうとすると、腰を痛めるからと先輩諸氏が持ってくれた。(しょっちゅう腰を痛めていたので)


 70歳になった今もその状況は変わらず。
若僧を連れ込まなければ、私はいつまでも若僧。

 

f:id:isourounomitu:20190717004405j:plain

ヒメジョオン


 中学・高校あたりになるとほとんど参加しないが、可愛がられている孫の一部は参加してくれる。


その一人が彼女を連れて参加してくれたことが嬉しかった。


 ジュースいかがですかと声をかける小学生の姿も可愛かった。


そして雨も当たらず無事終了。

 

f:id:isourounomitu:20190717004509j:plain

ドクダミ


 ドラムの底も焼け落ちてきて、機材の運搬・設置が重労働になりつつあり、来年は継続を考えなければならない状況。


私が20代に始めたドラム缶を利用した焼肉は、その後各地に広まったが、今やこれを使用しているのはわずかとなった。


これまでそれぞれのドラムジンギスカンに関わってきた私だが、
実は屋外の網焼きは、食べる点においては好きでない。

 

f:id:isourounomitu:20190717004624j:plain

(サワシバ)


 イベントとしては良いのだが、
準備・後片付けが大変な事や、焦げてしまい捨てる肉の多いこと。


強い風の影響や、虫がまとわりつくこと。
だから私は、ジンギスカンは専用の鍋で、室内でのんびり食べたい。

f:id:isourounomitu:20190717004714j:plain

 

種芋(種子馬鈴薯)

 

f:id:isourounomitu:20190711001131j:plain


 前回のブログの文書を、一部の方からほめられた(慰められた)が、


最後の所も、消防団を辞めなかったことを表現できていなかった。


何度も書き直したのだが、あの程度の表現しかできない。

 

f:id:isourounomitu:20190711001233j:plain

 今回もやっぱり写真を中心に。

 

 子供の頃のジャガイモ(馬鈴薯)は、煮ると形が崩れやすい『男爵』と、型崩れが少ない『メークイン』が主流だった。
 北海道でサツマイモは作付けされていなかった。


 冷害で米などが不作の年は、寒さに強いジャガイモや甜菜(てんさい=ビート)が豊作だった。

 

f:id:isourounomitu:20190711001405j:plainf:id:isourounomitu:20190711001423j:plain

(男爵の畑と花)


 川田男爵が栽培して男爵芋と呼ばれたことが通説になっている。
(大手映画会社の亡き社長-北海道生まれ-は、ジャガイモを日本に最初に持ち込んだのは、男爵である祖父だと言っていたが、定かではない)


 全国にある農業試験所では、それぞれの農作物を気候や食味を考慮して、品種改良を続けている。
これを民間に任せてしまう動きもあるようだが。

 

f:id:isourounomitu:20190711001705j:plain

(見えるかな?飛行機)


 ジャガイモも多種となり、キタアカリ、ノーザンルビーアンデスレッド、インカのめざめ、インカのひとみ、はるか、ひかる・・・覚えられない。

 

f:id:isourounomitu:20190711001859j:plainf:id:isourounomitu:20190711001919j:plain

(きたかむいの畑と花)


 我が友は平地で水田を、山間地で種子用ジャガイモ(種芋)を栽培している。


 農業者の信用度をはじめ、各種の厳しい条件が整って種芋の栽培が認められる。

 

 芋畑(食用)を裸足で歩き回って遊んだ思い出はあるが、ここでは入ることすら許されない。


 畑の周りには、進入禁止の看板があちこちにあり、畑から離れての撮影となる。

 

f:id:isourounomitu:20190711002154j:plain

(ホッカイコガネ)

f:id:isourounomitu:20190711002215j:plain


 圃場ごとに標札を設置し、定期的に検査を受ける。

 

 種子用ジャガイモを栽培する厳しい条件とは、
食用の芋畑から離れていることと・・・
あとは・・・わからない。


 ただ大変そうなことだけはわかる。

 

f:id:isourounomitu:20190711003046j:plain

(6月24日撮影-数日前の大雨で、まだ湿りけがある畑)


 しとしと降る雨が、じわーと土深くしみ込むと、良い雨だなと言われる。
傾斜地の畑に強烈に降る雨は、土砂を流してしまう。


 芋畑の土はサラサラで、
日照りが続いた農道を車で移動すると、舞上がった土煙がそよ風で流される。


 土煙が車の中に入った感じはなかったのだが、

カーナビの画面が見えなくなるほど付着していた。
(液晶画面のホコリ吸着力を実感した)

 

f:id:isourounomitu:20190711003252j:plain

f:id:isourounomitu:20190711003328j:plain

 
 畑の周りは自然林があり、のんびりするには良い環境。


 我が友は、畑周りの草刈りに余念がない。
そこまで綺麗にしなくてもと思うのだが、
「お前は雑草の恐ろしさを知らないからな」と笑われた。

 

f:id:isourounomitu:20190711003503j:plain


同級生よ 若いな・・・はげているけど。

f:id:isourounomitu:20190711003547j:plain


 彼は小学校まで5キロ程の馬車道を歩いて通学していた。
その中間点の小高い丘が遠足の目的地だった。


子供の頃から鍛え方が半端なものではなかったようだ。

 

f:id:isourounomitu:20190711003707j:plain

(向こうの山は何を植えているかはわからない。)


 私が起きたころに彼は家を出て、通学で汗びっしょりになった下着を学校で着替えていた。

f:id:isourounomitu:20190711003833j:plain

(一つ山を越すと乳用牛の牧場がある。)

 

 

 

消防団員に関する想い(最終)

 

f:id:isourounomitu:20190706001821j:plain



 前職を退くにあたり、お世話になったと現在使用している小型車『スターレット』をプレゼントしたいと言われる。


 どうしても気持ちを受け取ってくれと頑張るので、1万円で買うことで妥協した。

 

f:id:isourounomitu:20190706001918j:plain



 真冬は、定期的にエンジンをかけなければバッテリーが上がってしまう。


 我が家は旅館で、周りは飲み屋街(今は無い)
毎日挨拶代わりに飲み歩いていたので車を動かすことも無い。
それで、消防までの200mを車で通っていた。

 

f:id:isourounomitu:20190706002008j:plain



 署員が暇を見てはエンジン等を整備してくれていたので、厳寒の朝も一発でエンジンがかかる。


 エンジン不調な泊り客の車をしり目に、走行しようとするとガラスが凍りついて前が見えない。


カッコよく出発したのだから、止まるわけにもいかない。


 窓から顔を出して、強烈な寒風を浴びながらの運転、
消防までの200mは遠かった。

 

f:id:isourounomitu:20190706002147j:plain



 車を覆うテントもついていたので、翌日からはテントを使用。


 テントをめくると窓に氷は付いていない。
だが、テントを片付ける時間の余裕もない。


 それでテントを両ドアに挟めて、テントを引きずりながら進むと、「よう~、1万円」と声がかかる。


何でも有の時代と24歳の若さが成せる業。


(5年後古鉄を扱う知人に譲ったら7,000円くれた。
    差引3,000円の車、甥に買ってやった三輪車が高く思えた)

 

 

 

f:id:isourounomitu:20190706002336j:plain



 私が小学5年のある未明、我が家の向いの家具店から出火して大火となった。


 熱で砕ける窓ガラスの音で起きたとき、隣で寝ていた父はいなかった。


 分団長に状況を尋ねられて「我が家に燃え移った頃だ」と言いながら父(団長)は各分団に放水場所を指示したそうだ。


消防団員とはそんなもの。

 

 

f:id:isourounomitu:20190706002509j:plain

(演習以外の写真は拡大できます)

 団員も署員もみんな年上だが、普段の付合いはしていた。
 元団長の息子ということもあり、皆が面倒を見てくれ、だんだんと署員と団員が仲良くなっていった。


子供をはさんで夫婦が仲良くなる感じ。


 前職から比べれば半分にも満たない仕事量。
このままとどまりたいと思ったのだが、定数外の立場。


 私の役目は無くなり3月31日、5か月で消防を後にすることになる。

 

f:id:isourounomitu:20190706002659j:plain

口移しする何かの虫、見えるかな? スズメにピロリ菌の心配はないのだろうか?



 団員からは冗談で去ることを惜しまれた。


 火事は数年に1度あるかないかの確立なのに、5か月に3回もの火事、それもボヤだからすぐに終わる。


 全焼もボヤも1回の出動(手当)になる。
日当(税の対象)と費用弁償(税の対象外)を合わせたのが手当。


 費用弁償の割合を高くして税対策をした。(今はわからない)

 

f:id:isourounomitu:20190706003022j:plain



 そして一般行政職となって2年ほど経った頃、
ある行政方法に不満を持って団員全員辞職する動きが起きた。


 当該課長が、担当外の平の私に対応してくれと言う。


 分団長を含め団員とマージャンをしながら、

私は「団員を辞めてから、サイレンが鳴ったらどうする」と尋ねた。


「・・・そんなのは・・・・・・」答えられない。


団員は純粋な根っからの団員。
団員はサイレンを無視することはできない。
・・・団員はそんなもの、それが団員。

 

f:id:isourounomitu:20190706003257j:plain
(スズメよ、無い頭で考えても答えは出ないぞ・・・行動するのみ)


 年寄りの想いで話、長い間お付き合いを頂き有難うございました。


 認知症は昔話を語るようになる特徴があるが、
まだ私は認知症ではないはず・・・きっと。

 

 

 

消防団員に関する想い(3-2)

 

f:id:isourounomitu:20190705020853j:plain

演習場所は私が通っていた旧小学校グランド。

 

(前回の続き)


町長が、町立病院と消防をどのように見ているかと問う。
その様な類のことは町長とよく話をしていたので、
いつものようにざっくばらんに私の考えを言った。


 町長は「よく理解しているね、近々消防に勤務してほしい」と、
私は「急に言われても困る」と言って終わればよかったのに、

「試験も受けずにそれは無いでしょうと」と言ってしまった。

 

f:id:isourounomitu:20190705021028j:plain

(婦人たちも消防応援団)

 

 通常も面接試験だけで学科試験は無いとのこと。
「光さんは知らない課長はいるのかね」と言われればみんな知っている。


「互いに知っていながらポーズの面接もないだろう」と言われれば「そうですね」と自然に答える。


 こんな会話をしているうちに就職しなければならなくなった。


 町長は悪気がなかったのだろうが、無試験は1号俸給料が低いとのこと。
数年後にそれを知って、町長にだまされたと言ったら、照れ笑いをされて終わってしまった。

 

f:id:isourounomitu:20190705021146j:plain

(観客もまばら)

 

 


そんな頃
プロレス・ジャイアント馬場の熱狂的フアンが友にいて、
そんなに見たかったらと、友を集め興行を主催した。


ブッチャーが観客席で暴れまわり、追われた女性がトイレに逃げ込み、鶴田がトイレの上からのぞいて大丈夫ですかと。
そんな選手がいた昭和48年の昔話。


社長には(馬場さんと呼ぶより社長と呼んだ方が機嫌良いとのこと)壊したパイプ椅子を弁償させ、ダフ屋には返品させない対応をした。

 

f:id:isourounomitu:20190705021257j:plain



儲かったなと言いながら後片付けをしていた夜の10時頃、
明日11月1日から消防に勤務してほしいと。
(どこかの連絡ミスなのだろう)


そんなデタラメだもの、こちらも初出勤で完全な遅刻。


事務所の中は何度も出入りしていたから特段教えてくれることも無く、昼食を終えそれぞれが事務所を出る。

 

f:id:isourounomitu:20190705021913j:plain

 

4つの電話が並べられていて、その一つの電話が鳴った。
出ると(その電話は119番で)火事の通報。


現場を確認してそれぞれが消防車を出動させる。
○号車・・通過、○号車現着、○号車放水開始・・・と無線が入る。
その都度、了解と言いながら時間等をメモル。

 

 

f:id:isourounomitu:20190705021503j:plain

 

ボヤで済んだのでみんな安堵の様子で帰ってきた。
消火栓などを使わず、放水はタンク車の水で済んだようだ。


消火活動には消火栓と防火水槽を使う。
大都市など一部は、消火栓専用の配管になっているが、多くは一般の水道管に接続しているので、これを利用すると水道水が濁り苦情が出ることがある。

 

f:id:isourounomitu:20190705021345j:plain

グランドの西側に隣接して梨畑があり、その合間にあったスモモは健在だった。

スモモをぶつけあっていたので、その熟す姿を見たことは無い。

 

f:id:isourounomitu:20190705022149j:plain

この畑の主はもういない。
ヤマグワだろうか、子供の頃は無かったように思う。

消防団員に関する想い(3-1)

 

f:id:isourounomitu:20190704005517j:plain


先日ツウフウと書いたが、宣伝などの反応はなかった。
チェック機能もその程度かと思い、小さな満足感。

 

 消防演習等には各役職に案内状が届くのだが、酒を届けて終えていた。
 最近、来賓・観客があまりにも少ないとのことで、本部席には入らないで自由に写真を撮りながら参加した。


 消防に関してはいろいろな想いがあって、
誰も聞きたくないようなことを語りたくなる。

 

  (語らせてください)

 

f:id:isourounomitu:20190704005736j:plain



 団員の多くは農業を含め個人事業者の若手。
その若手が少なくなれば、当然に団員になるものも減る。
本部付け(火災現場に出動しない)ではあるが、女性にも団員になってもらっている。

 

f:id:isourounomitu:20190704005820j:plain

 




 私が中学の頃、父はすでに団長になっていて、打合せなどを子供ながらに聞いていたので、消防に関することは大よそ理解していた。


 当時は市街地区と農業地区が4つの分団(駆けつけ団員)を組織して消防活動をしていた。


 専従の消防署員(町職員)を揃えて消防署になったのは45年ほど前。

 

f:id:isourounomitu:20190704005913j:plain


 今は2分団に集約されたことにより、業種別交流が広がった点は良かったように思う。
 団員も真面目に事をこなし、大会などでもよい成績を上げているそうだ。


 昔の団員は、火事が起きればその活動は素晴らしかったが、一部の中堅団員は手が付けられないと言われるほどであった。

 

f:id:isourounomitu:20190704005948j:plain



 当時の社会は年末に泥棒が増える傾向にあり、団員は火防を兼ねて年末警戒をしていた。
本来警察の仕事なので、慰労会(宴会)には警察も来る。


 団員の一人がバイクで家に戻ると、その警察が待っていて酒気帯び運転となった。

 

f:id:isourounomitu:20190704010041j:plain



 火事が起きると警察も駆けつけ、火事の最中に当事者から聞き取り調査をするのだが、その警察に向け放水をする。


 それでも気が収まらず、真冬、警察が顔に袋をかぶされて電柱に縛られていた。


 そんな団員だから、「消防学校を出たからとなんぼのものだ」と、消防職員の言うことは聞かないし、規則も無視。

 

f:id:isourounomitu:20190704010125j:plain



 その頃、私は訳があり前職を退職していたので、ある福祉団体の全道組織をつくるメンバーになっていた。


 ある日、町長が会いたいとの連絡がきた。
町長とは懇談することはよくあったので、普通に町長室に入った。


次回に続く。

 

f:id:isourounomitu:20190704010207j:plain


消防自動車は大きいが、交通法では普通免許で運転できる。

現状は大型免許所有者が運転するのが一般的。


幼児は消防車を近くで見ると喜ぶが、運転席に乗せてやると威圧感が強く、喜ぶよりも固まるか泣く子が多い。

 

 

ごく最近の出来事と庭の花

f:id:isourounomitu:20190630015840j:plain

以下ポピー  以下拡大できます


 28日、地方発送用に夕張までメロンを買いに行った。
夕張メロン以外にも美味しいメロンは各地にあるのだが、受け取り側は『夕張』の名が良いようだ。

 

f:id:isourounomitu:20190630015938j:plain



 昨年、初めての店なので中に入り会話を聞いていると、
秀を求める妻に対し「優で大丈夫」と店の人が言っていた。
 そこで、一番良いのが秀、次が優であることを初めて知った。

 

f:id:isourounomitu:20190630020015j:plainf:id:isourounomitu:20190630020328j:plain



 『優秀』の言葉から、優・秀・良・・の順番と誤解していた。

 大学の評価は気にしていなかったから記憶にない。

 

f:id:isourounomitu:20190630020121j:plain



 店のアドバイスで、昨年初めてクール便を使わず優を送って心配していたら、評判が良かったので今年もその店にした。
 その良かったことを話すと、たまたまいた社長が気を良くしたのか、気が合ったのか、

 

f:id:isourounomitu:20190630020449j:plainf:id:isourounomitu:20190630020506j:plain

ジキタリス


 あまり出回らないスイカを試食させてくれるは、食べごろのメロンを1個くれるは、なかなか手に入らない酒だと日本酒1升までもらった。

 

f:id:isourounomitu:20190630020748j:plainf:id:isourounomitu:20190630020807j:plain

以下金魚草


 配達日を30日の日曜日に依頼すると、東京までは良いが名古屋はダメだと言う。
 大阪サミットで配送にも自主規制が掛かっているとのこと。

 

f:id:isourounomitu:20190630021015j:plain

今年初めて咲いた赤と白又は黄の混ざり。


 昨日と今日は、お世話になっている方の書棚片付け。
 先立たれた陶芸家Aの奥さんは、肩や足に支障が出てきて自然の中で暮らすのは無理との考えになった。

 

f:id:isourounomitu:20190630021107j:plain


 彼女の町と協議したところ『Aさん文庫』のような形で一般開放したいとのこと。
 手塚治虫全集からアイヌ文化・北海道の歴史をはじめ、多くの専門書がある。

 

f:id:isourounomitu:20190630021201j:plain



 どうすれば活用されるかを考える人で、
私も書籍や額縁など、活用できるものを頂いている。
 土地を求める人も数名来ているのだが、

 

f:id:isourounomitu:20190630021235j:plain



 土地をどのように使うのかを聞いて、納得しないと売る気にならない。


 放し飼いで鶏を育てたい・・・
  キツネやアライグマ・ヘビが出るから無理。
 高齢者が別荘に使いたい・・・
  冬は除雪作業が出来なければ無理。

 

f:id:isourounomitu:20190630021329j:plain

これがトキワ露草(前回は濡れていたので)


 高く売れれば良いのではないかと言うのだが、
買った人が後になってから失敗したとならないようにしたいと言う。

 

f:id:isourounomitu:20190630021413j:plain

このように咲く紫露草


 その彼女の庭は、我が町の高齢者事業団に依頼し整備したのだが、

花までも刈ってしまいわずかに残った紫露草。


(シルバー人材センターはその町・市の中での活動に規定され、高齢者事業団は他の行政区でも活動できる)

 

f:id:isourounomitu:20190630021541j:plain

 紫露草のすき間で、全開ではないが咲く『白花ハマナス


 彼女は北海道のハマナスの突然変異ではないと言うのはわかるが
これが『鳥取砂丘の白いハマナス』と言うが、調べても出てこない。

 

f:id:isourounomitu:20190630021624j:plain

白花ハマナスのツボミ


おまけに子供のスズメ

f:id:isourounomitu:20190630021850j:plainf:id:isourounomitu:20190630021910j:plain

人里離れた場所なのでスズメで無いのかもしません

 

 

f:id:isourounomitu:20190630021927j:plainf:id:isourounomitu:20190630021940j:plain

エサを捕まえたところだが、この羽はなんだ?  陶芸家が作った5つの巣箱の様子


 

特定健診と庭の花

 

f:id:isourounomitu:20190628021432j:plain

ノボリフジ


 ある庭には数種類の花が咲いていた。
数年前に家を取壊した80坪の土地は、ノボリフジ畑になっている。

 

f:id:isourounomitu:20190628021521j:plain

ノボリフジ


 その他の花はそのすき間で咲いているのか、消滅したのかは確認できていない。

 

f:id:isourounomitu:20190628021611j:plain

リナリア


 今日は6月上旬に写した写真。
いつもの通り花の名に間違いがありましたらご指摘願います。

 

f:id:isourounomitu:20190628021718j:plain

マーガレット


 先日特定健診を受けた。
 各市町村の国民健康保険を一括して、北海道が保険者(事業主体)になる準備を進めている。

 

f:id:isourounomitu:20190628021813j:plain

ゲンノショウコ


 各自治体の保険料に差があるため、その調整の一つとして「特定健診」の受診率(60%の予定)で差異をカバーしようとするもの。

 

f:id:isourounomitu:20190628021855j:plain

キンポウゲ


 我が自治区は、受診率トップであった。
当時私が担当課長だったので、それを意識してくれた結果。
現在に至るも高い受診率。

 

f:id:isourounomitu:20190628021942j:plain

キンポウゲ


 農村地区は団結力と競争意識が高いので、このような類は自治区別で上位を占める。
なので、今は上位の分類に入っているのが精いっぱい。

 

f:id:isourounomitu:20190628022038j:plain

ハゼラン


 私の健診結果は出ていないが、
善玉コレステロール、赤血球数、血色素量が低く、中性脂肪が高い。
 40歳代から体重は変わらないが、これらも同様に変わらない。

 

f:id:isourounomitu:20190628022125j:plain

ムラサキツメクサ


 尿酸も高く、ツウフウの痛みが出る前にと2年ほど前から薬を服用しているので今は正常。
 以前のブログで自身のツウフウに関連して書いたら、ツウフウの薬など宣伝があちこちに出るようになった。

 

f:id:isourounomitu:20190628022211j:plain

イベリス


 この場であえてツウフウのことを書く必要もなかったのだが、
宣伝が出るかどうか試したかったので、今回はカタカナで表現した。

 

f:id:isourounomitu:20190628022252j:plain

ヒメジョオン


 特定健診とは別なところで、骨密度検査をした。
50歳代に骨密度検査数回受けたのだが、
測定者が驚くほどの数値で、どんな運動しているのですかと聞かれるほどだった。

 

f:id:isourounomitu:20190628022341j:plain

ヤマハコベ


 今回、周りに自慢しようと骨密度検査を受けたのだが、何と標準値。
 わずか15年の間に・・・15年もの長き間に・・・
歳は確実にとって、老いは進んでいる。

 

 

f:id:isourounomitu:20190628022428j:plain



 骨密度が高いと自慢できなくなって、
若い頃は骨密度が高かったと言うしかなくなった。
 年寄りは昔の話を語るなと言われるが、
昔の話があるのが年寄り。

 

f:id:isourounomitu:20190628022458j:plain



 運動不足と言われる。
健康のために速足大股で散歩するのが良いと言われる。
 ボケ防止には、周りを観察しながらゆっくり歩くと良いと言われる。

 

f:id:isourounomitu:20190628022525j:plain



 この歳になると、速足で歩くか、ゆっくり歩くか・・・
歩かないか・・・。

 

おまけにカワラヒワコサメビタキ

f:id:isourounomitu:20190628022603j:plain カワラヒワ

f:id:isourounomitu:20190628022617j:plain

 

f:id:isourounomitu:20190628022633j:plain

コサメビタキ