アイスキャンドル

f:id:isourounomitu:20180112224435j:plainf:id:isourounomitu:20180112224506j:plain

 

  アイスキャンドルは、2000年を迎えるにあたり、

自治区で記念的事業をしようと考えて、

神社やお寺の通り道にあたる町内会であることから、

多くの家々が参加して1999年の深夜にアイスキャンドルを設置したのが始まり。

 当初は、バケツに入れた水は2~3日で氷り、アイスキャンドルになった。

 近年は、12月中旬からのシバレは弱く、暖気でアイスキャンドルが融けてしまうこともあり苦労は多い。

 

f:id:isourounomitu:20180112224817j:plainf:id:isourounomitu:20180112224833j:plain

                ↑ すき間に貼付た合成写真

                団子のようなのは雪玉

 

 「今回で18回目」と「今年で18年目」 表現の仕方・単位の使い方で、感じ方は異なるものだが、妥当な表現がわからない。

 

 当初用意したバケツも水の膨張でイビツになり、芯を抜くための鉄柱は錆びだらけ。

18年たてば、元気だった者もそれなりに。

アイスキャンドルの数も年々減少して、後何年続くのか?

 

f:id:isourounomitu:20180112225427j:plainf:id:isourounomitu:20180112225444j:plain

                 ↑ 底が抜けそう

 

 80歳代の人も頑張っているのに、私からもう止めようなんてことを言える雰囲気ではない。

 我が町内会は、75歳以上・60歳~74歳・60未満、それぞれ1/3の年齢構成であるが、75歳以上の人たち本人も、周りの人たちも後期高齢者という意識はない。

 f:id:isourounomitu:20180112230114j:plainf:id:isourounomitu:20180112231117j:plainf:id:isourounomitu:20180112231054j:plain

 

 「この年寄りが・・・」なんて冗談を言いながら、

「69歳の若僧が・・・」なんて言われながら、

今年もそんな感じで、金を使って気を使わずに、

ボチボチとそれなりに1年を過ごすのだろう。

そんな生活で十分・・・満足しているかどうかは自分でもわからないが。

高望みはしない・・・望むべきものがわからないから。

 

f:id:isourounomitu:20180112230830j:plainf:id:isourounomitu:20180112230855j:plain

f:id:isourounomitu:20180112231811j:plainf:id:isourounomitu:20180112232045j:plain

大谷翔平選手の写真

f:id:isourounomitu:20180107133958j:plain

写真中「ひろし」は私が勝手に入れたもの。

 

 

  金銭的にも時間的にもゆとりがない若者が、球場に駆け付け応援する姿は素晴らしい。

野球をあまり知らなくとも、声を出すおばちゃんたちも素晴らしい。

 

 今回は、大谷翔平選手がファイターズを去り惜しむ声が多いので、大谷選手の写真を大量に。

 

f:id:isourounomitu:20180107134135j:plain

f:id:isourounomitu:20180107134204j:plain

f:id:isourounomitu:20180107134243j:plain

f:id:isourounomitu:20180107134304j:plain

f:id:isourounomitu:20180107134333j:plain

 

 ファイターズファンの若者に、写真をプレゼントしたいのでと協力依頼が来た。

最近の写真は無いので、友人にそれを託した。

 友人ひろしさんは、元職場での最も信頼できる後輩であり同志。

毎年沖縄キャンプにも行くほどのファイターズファン。

 早々にUSBを届けてくれ、久しぶりに懇談したが、現職の時と変わらず学ぶことが多々あった。

 

私が写した古い写真

f:id:isourounomitu:20180107134359j:plain

f:id:isourounomitu:20180107134413j:plain

f:id:isourounomitu:20180107134427j:plain

f:id:isourounomitu:20180107134443j:plain

f:id:isourounomitu:20180107134512j:plain

f:id:isourounomitu:20180107134532j:plain

f:id:isourounomitu:20180107134547j:plain

 

 ひろしさんは、球場で写した写真のうち、ホームラン・完投など、選手にとって記憶に残る時の写真を用意し、サインを頂くとのこと。

 その際、選手に対する激励と、写真の説明をするそうだ。

一言もしゃべらずサインする選手と、多少の会話を交わす選手に分かれるそうだが、

若い女性がサインを求めた場合、選手の顔は明らかに違うとのこと。

 

f:id:isourounomitu:20180107134613j:plain

 

 サインをしながら、どの場所から写した? どこから来た?

など、サインを求める側の事を知ろうとする選手もいるそうだ。

その質問は、フアンの苦労を知ろうとする、フアンを重んじる姿勢で、他とは人間的に違うなと感じる選手。

 そんな選手が引退すると、球団のそれなりのポストに就くそうだ。

 

f:id:isourounomitu:20180107135047j:plain

f:id:isourounomitu:20180107135115j:plain

 

 何年もキャンプに通うと、常連仲間もできるとのこと。

北海道のメンバーは、球団側の希望に合わせて行動するのだが、大阪のメンバーはサインをもらいにわざわざ来たのだからと、マイペース・規則無視でサインを求めるそうだ。

大阪のど根性というやつか?

 大谷翔平選手もど根性で頑張ってくれるだろう。

元気なおばちゃまたちと、大リーガーとしての活躍を祈念します。

f:id:isourounomitu:20180107135149j:plain

f:id:isourounomitu:20180107135209j:plain

除夜の鐘を2度聞いて新年を迎えた。

f:id:isourounomitu:20180103230624j:plain

住職が突く鐘の音は響く。

 

 私の近くの二つのお寺で、除夜の鐘が鳴る。

大晦日の夜に、煩悩の数108回鐘を突く除夜会(じょやえ)。

多くは、大晦日の夜中12時につき始める。

2回目からは新年ではないのかと、昔から疑問に思っていた。

 

f:id:isourounomitu:20180103230651j:plain

カップルの姿もいい

 

 夜中の鐘の音がうるさいという批判や、突き手が集まらなくなったとのことで、大晦日の日中に突くお寺も出てきた。

除夜会(じょやえ)の意味はどうなのかと新たな疑問。

信者でない私にとってはどうでもないことだが、関係者は色々理由付けをするのだろうか。

 

f:id:isourounomitu:20180103230725j:plain

この子は、学校で自慢するのだろうか。

顔修正の有無は、私との関係による。

 

 今年は、一方のお寺が昼12時に鐘を突くことになった。

ちなみに、軍隊に鐘が没収され、戦後新たに造られた鐘。

その寺は町内会で徒歩2分、お付き合いもあって写真を写しに行ってきた。

 多くの子供たちが集まってなごやかな雰囲気。

お菓子に釣られてくる子は少ないようだが、突き終えてご褒美のお菓子をもらう笑顔はいい。

良い経験になっただろう。

 

f:id:isourounomitu:20180103230757j:plain

良い思い出になるだろう。

 

 

 酒を飲みすぎてウトウトしていると、除夜の鐘が鳴っていることに気づく。

 除夜の鐘が静けさを増す。

 北海道の家は防音効果もあるせいか、その鐘の音も200m先の寺からではあるが、うるさいと思ったことは無い。

 

f:id:isourounomitu:20180103230836j:plain

 

 ちなみに、この寺では戦時中鐘を没収されていない。

 いつの時代にも力関係があり、忖度があり、力ない寺から順次没収されたのだろう。

 昼に鐘を鳴らした住職いわく、終戦直後に造られた鐘の音は劣ると。

 私にはその違いは分からないが、突き手による音の大小の違いだけは分かる。

 

f:id:isourounomitu:20180103232657j:plain孫にいろいろ経験させる73歳のおじいちゃん。

f:id:isourounomitu:20180103232730j:plain

その孫は喜んでいた。

 

 

 

 

今年1年を振り返って・・・何もなかった。

f:id:isourounomitu:20171231191625j:plain

手前の木は桜ではありません。枝に雪が・・・樹氷

 

 今年最後のブログは、意味深い内容を書くはずだった。

じっくりと時間をかけて書く予定が、書いては消しの繰り返し。

 そして今、恒例の大晦日の準備を・・・・

 私はしていない。

子どもでもできる使い走りを、妻のあごで振り回されている。

 

f:id:isourounomitu:20171231191456j:plain 

 一昨日から来客が多く、足についていた雪が解けて、西日が当たる玄関の床が光っている。

穏やかな天気で年越しが出来そうだ。

 結局、いつもと変わらない、ダラダラとしているうちに、緊張感も無く今年を終える。

 

f:id:isourounomitu:20171231191751j:plain

 

 毎年大晦日の食堂で、「一杯のかけソバ」を親子で食べる、話題になった物語があった。

 ある日、紹介されたみすぼらしい女性は、離婚して住まいを探していると言う。

 元夫は「一杯のかけソバ」の作者。

彼は仕事もせずダラダラの毎日で、妻子をふびんにしておいて、よく書けたものだと憤慨した昔の思い。

 

f:id:isourounomitu:20171231191834j:plain

 

 年越しそばをふと考えて、たまたま思い出した「一杯のかけソバ」、その元夫と私は似たようなものと、無意識に思っていたのだろう。

そして、今年最後のブログをかっこよく・・・

 浅はかな思いは散って、仕事もせずダラダラと年を取る。

  

f:id:isourounomitu:20171231191906j:plain

 

 そんな私も、皆様とともに新年を迎えることに感謝。

何に感謝するのかもわからずに、感謝のポーズ。

 

 こんな私ですが、来年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 

間もなくアイスキャンドルに灯を灯す。

f:id:isourounomitu:20171231191942j:plain

除夜の鐘

f:id:isourounomitu:20171231192051j:plain

行政ではできない「無から有を造る」こと。

 前に投稿したかもしれない主旨の内容ですが、「無から有を造る」を具体例で表現することとします。

 

f:id:isourounomitu:20171223125058j:plain

 

 私が係長の時、助役(副町長)から呼び出された。

大手運送業が、2か所の配送センターを廃止し、わが町に移転する計画があるので、その場所を探せとのこと。

 幹線道路に面し、大型倉庫があり、トラック数台の駐車場が条件の土地。

 

  私は「探さなくともそんな物件は無いし、私の担当外だ」と答えた。

助役は「そんなことわかっている」

 助役は、その条件を聞く前に「全てをお任せください」と言ってしまったので、身動きできなくなっていたようだ。

 

f:id:isourounomitu:20171223125158j:plain

 

 謝るのが嫌いな助役、うまくお断りすれとの趣旨である。

 何度もしりぬぐいをさせられてきた私にとって、この程度の処理は簡単なこと、取りあえず誘致の方向を考えた。

 

f:id:isourounomitu:20171223130203j:plain

 

 その会社は、2か所の配送センターの廃止は決定事項であり、自社で不動産を持つことはあり得ないとのこと。

すなわち、会社も町も困っている状況。

 互いに困っていれば、妥協枠が広がるし時間的余裕もあるので、間に立つ私はやりやすいし、ましてや誘致ができれば町にとっても良い。

 

f:id:isourounomitu:20171223125246j:plain

 

  これからが、「無から有を造ること」の話。

 

 会社が求める条件の土地の目星がついて、友を集めた。

賭け事・酒・・・だが、信頼でき行動力はある。

 配送センター建設に土建業と設計士。

登記関係とまとめ役に人望ある司法書士(賭け事・酒・・は無い)

 求めようとする土地所有者と関係がある飲食店経営者は開業してからの固定客になるであろう。

 これら4人を集め、月々5万円程度の出資をすることに賛同させ、土建業・司法書士・設計士は、ほぼ原価で配送センターを建設することにした。

 物流環境の多少の変化に負けない、理想的配送センターの建設の始まり。

 

f:id:isourounomitu:20171223125505j:plain

 

 当時の株式は5人必要だったが、私は公務員、誤解を招かないように、私の取り巻きで一番の遊び人(共働きで無駄遣いの者)を加え、5人で不動産会社を設立。

 利率の低い「中小企業融資」は、実績が無いので利用できないところを、「町の発展のために、町が特に認める・・・・」と文書を作り、助役に公印を押させて特別枠を得る。

 

 設計段階から運送会社の条件をすべて聞き入れた。

借金が返済されるまでは借りてもらいたいので、運送会社が求めるよりも長期の賃貸契約期間になった。

 

f:id:isourounomitu:20171223125641j:plain

 

 月々出資していたその間、彼らの無駄遣いはあまり変わっていなかった。

出資した金はすでに回収されており、配送センターは今も続いている。

 

 自宅がほしくなったら買う・建てる・・・必要なものが無かったら作る・買う。

 この「無から有を造ること」は家庭生活では当たり前の事なのだが。

f:id:isourounomitu:20171223125745j:plain

f:id:isourounomitu:20171223130431j:plain

私が身近で感じた今年(自然環境)

f:id:isourounomitu:20171217233157j:plain

 

 雪が積もっています。

 今頃に何度か降る雪は、数日で解けてしまうのが常。

日中マイナス気温が続く今年は、このまま根雪になるようだ。

 

 

(今回は、雪降る前日に写したシバレる(凍りつく)写真)

 

f:id:isourounomitu:20171217233339j:plain

f:id:isourounomitu:20171217233430j:plain

  

 鮭(サケ)や秋刀魚(サンマ)、烏賊(イカ)は今年も漁獲量が激減したが、本州沖が漁場の魚が北海道で水揚げされている。

 

 木になる果物は、全国的に豊作なのだろうか、梨・柿・ミカンは量も種類も例年以上に届き、真穴(まあな)ミカンも初めて知った。

 北海道では、柿やミカンの露地栽培は無理であるが、

ブドウ・リンゴなどが豊作に対し、松茸やキノコ類は一切届かなかったほどの不作。

 

(強いシバレ(手前)も、陽ざしを受けると(奥の緑)簡単にとけてしまう)

f:id:isourounomitu:20171217233503j:plain

日向のうす氷

f:id:isourounomitu:20171217233538j:plain

 

 カメムシはいつもより多く目にしたが、蛾や雪虫は見なかったと多くの人が言う。

 雪虫は雪の降る前触れと言うが、雪虫が群れて舞うことなく雪が降り続いている。

カメムシ多発の年は大雪と言われているが、その通りになるのだろうか。

 

 雷が異常に多かったが、まともな虹は見られなかった。

そんな思いがする1年だった。

 

(昨年の雪虫~右上端の雪虫は合成)

f:id:isourounomitu:20171217234150j:plain

f:id:isourounomitu:20171217233625j:plain

 

(参考)

 厳しい寒さや、凍りつくことを「シバレる」と言う。

我が町の凍結深度は70センチ。

 その場の地質や、その年の気候により誤差は大きいが、

地表70センチの深さまでの土が凍りつくという意味。

 これが、夏の害虫発生量に影響するとのこと。

だから、雪が積もる前にシバレが強いと、来年の豊作条件の一つが整ったことになる。

 

(日陰の水たまりの氷はなかなか解けない)

f:id:isourounomitu:20171217233735j:plain

 

 

f:id:isourounomitu:20171217233825j:plain

行政はなぜ優しい文書を書かないのか。

 

 前回弁解したように、やはり満足できない表現になったが、取りあえず自分の宿題を報告。

 ようやく・なんとか撮れた、はるか遠くのキツネとともに。

 

     50メートルほど先に見つけた、

      ヒザ(?)まで雪に埋まりながら。

f:id:isourounomitu:20171211140140j:plain

 

 言葉・表現が難しいと批判されている、行政用語(公用文)の基本は、国や都道府県の指示よるものが多い。

 『公用文は、各行政機関の統一性をとり、住民に分かりやすい文書を提供すること』になっているのだが、現実は違う。

 最近の国会答弁で「親切な説明」と言いながら、何ら親切さが無いと同じようなもの。

 

 私を見るや、遠くに駆け出した。

f:id:isourounomitu:20171211140210j:plain

 

(例文1)

 「助成金受給対象は、A及びB並びにCに該当する者であって、その受給申請は当該規定に基づき、別添申請用紙に必要事項を記載のうえ申請すること。」(公用文)

    ~ 一般的文書にすると

 「A.B.Cの全てに当てはまる人は、助成金を受けられますので、同封されている申請用紙に住所・名前などを書いて送付してください。」

 

f:id:isourounomitu:20171211140250j:plain

 

 地方自治体の多くは自主財源(各種税金・使用料の収入など)が全体の1~2割程度で、ほとんどは国の交付金補助金で運営されている。

 この交付金補助金を受けるために、それぞれ膨大な申請書を作成するわけだが、その時には公用文が必須となる。

 これを繰り返しているうちに、公用文が自分の文書・文言パターン(?)となってしまう。

 また、国などの指定に基づいて物事が進められるので、必然的に行政・専門用語が羅列された、規定の申請書や説明文になる。

 

 

f:id:isourounomitu:20171211140317j:plain

 

 行政の文書は解りにくいと言われる、大きな理由のもう一つは、住民からのクレーム対策によるもの。

 

 

f:id:isourounomitu:20171211140346j:plain

 

  最近は、商店や学校、病院等までも、クレーマ対策で悩んでいるようだが、市町村では以前からクレーマで仕事に支障をきたすことが起きている。

 クレーマは難しい表現の文書に近づかないから(私の経験)

その多くは、住民向けのお知らせなど、平たく表現しようとした文書に対するあげ足取りのようなものが多い。

 

 

f:id:isourounomitu:20171211140428j:plain

 

 なので、意に反する解釈が起きないよう、また一般的にあり得ないことまで想定して長々と説明をするため文書が複雑になる。

さらに、文書を縮めようとして、意味が固定されている専門用語を使うことにより難解になる。

 私も、これらの癖が取れないでいる。

 

f:id:isourounomitu:20171211140512j:plain

 

(参考)

・「堤外」の草刈りをする。=「川の中」の草刈りをする。

 川は、堤防の内側ではなく、堤防の外側。

 

 キツネは、安心できるところまで離れると、必ず振向いてこちらの様子を観察する。

 あまりにも遠いので、600mm望遠で写し、PC活用もこれ以上の拡大は無理。

f:id:isourounomitu:20171211140536j:plain