写真で見えた、蝶々の切ない恋。

 猛暑が続いていたのに、よりによって日・月曜日連続の雨で、町内会(自治区)の夏祭り(ジンギスカンがメィーン)が中止となった。

役員が前売りの140セットを配り歩く。

 一時晴れた夕方には、あちこちからジンギスカンのにおいが漂ってくる。

臭い・うるさいとクレームをつける者はいない。

 強い風の日が続いて、これが暑さを和らげてくれていたが、

数日前から朝晩は寒さを感じるほど。

 

 稲田防衛大臣の隠ぺいが問題視されている。

本人がどのように弁解しようとも、隠ぺいしているだろうことを多くの人が確信する。

 事が収まったと安堵するたびに、信頼が無くなる政府。

・・・バカにしないでよ~ プレーバック ♪♪

  

今日のブログはチョウの切ない恋を写真で。

 

小さいチョウであるが、白い蝶は羽が傷んでいるようで子供ではないよう。

f:id:isourounomitu:20170719155839j:plain

 白いチョウがアタックしている。

f:id:isourounomitu:20170719160253j:plain

失敗

f:id:isourounomitu:20170719160359j:plain

 

 再度挑戦

f:id:isourounomitu:20170719162308j:plain

f:id:isourounomitu:20170719160547j:plain

 

あきらめず再度挑戦

f:id:isourounomitu:20170719160626j:plain

成功か??

f:id:isourounomitu:20170719160658j:plain

 

コバエのようなお邪魔虫が二羽の周りをグルグル回っている。

f:id:isourounomitu:20170719160744j:plain

挨拶して去っていく。

f:id:isourounomitu:20170719161307j:plain

 

 書類や写真の整理が先日ようやく終わった。

デジカメ写真は2万枚程削除した。

 妻が言う、まだ時たま眠りながら布団の上でマウスを動かしていると。

 

チョウさんよ、優雅だけじゃダメ・力強さヨ・・・ヤッタネ!

f:id:isourounomitu:20170719161447j:plain

愚かな発想を行動に移して、みじめな思いをする。

 思い付きの試みがまたしても失敗した。

この猛暑の中、また馬鹿げたことをしてしまった。

 失敗するたびに、過去の失敗も思い出して、反省しているつもりなのだが。

人間とはそういうものだと、逃げの論理を身につけているから、そこには真の反省は無いのかもしれない。。

 

 このチョウは羽を広げると単純な模様

f:id:isourounomitu:20170715221853j:plain

 

 幼児の頃の失敗。

 家の出口の一か所だけ心張棒(しんばりぼう=時代劇で見る、棒を斜めに押し付けて施錠代わりにする)をしていた。

 外に出てからは心張棒で施錠は出来ない。

その棒を戸に斜めに寄せ掛けて、静かに戸を閉めるが途中で棒が転げ落ちる。

何度も失敗して、顔だけを家の内に入れ、棒の状況をのぞきながら静かに・静かに戸を閉めた。

 ようやく上手くいったと思ったら、戸を閉めすぎて自分の頭が出てこない。

首を戸に挟まれ、何時間泣き続けただろうか。

 

強風の中、着地も真剣

f:id:isourounomitu:20170715221945j:plain

 

 親戚のミカン問屋から毎年大量に送られてくるミカンを冷凍保存したのは中学生の頃。

定期的に冷凍ミカンを確認していたが、兄たちに食べられ3月には2個だけが残っていた。

 夏までは持たないと判断し、部屋を暖かくして母と食べた。凍ったミカンは、美味しく不思議な食感だった。

冷凍食品やシャーベットなどの無い時代。

 売り出そうと言ったら親に笑われ相手にされなかった。

数年後、仙台駅のキヨスクで冷凍ミカンが売られていた。

 

 

f:id:isourounomitu:20170715222020j:plain

 遠足の帰り、山道を下りるのが苦痛であった。

ミカン箱の板に、戸車を付けようとしたが思うようにはいかない。

釘が曲がり、板が割れ、指を打ち付け・・・

材料も道具も知らない小学3年生の時。

そのイメージはスケボーだったのだが。

 

 これまでにこんな失敗を何度してきただろうか。

 

 f:id:isourounomitu:20170715222056j:plain

 

 今回の失敗

 今年もあちこちからキュウリが届けられている。

色々な種類のキュウリの漬物をする姿を見て、ほかに何か方法は無いのかと呆れていた。

 テレビで、日がたったキュウリを水に浸すと、新鮮さが復活すると説明していた。

 2色の食用色を多めに入れた水に、5日ほど経ったキュウリを浸けてみた。

キュウリの白い部分(内側)に色が付くだろうと。

・・・新鮮さはわずかに復活した。

・・・切ってみると白いまま、色はまるっきりついていない。

 その後、半分に切ったり、皮(緑)の一部を削ったら、その部分には色が付いた。

だが、キュウリの内側に色が付かなければ意味がない。

予想通りの色が付けば、次は水耕栽培の実験をしようと計画していたのだが、まるっきり色が付かないとは・・・残念。

 

いつか「どうだ!」と自慢してみたい。

 

f:id:isourounomitu:20170715222137j:plain

上)一瞬開いてくれた綺麗な模様の裏は~下の写真

f:id:isourounomitu:20170715222207j:plain

日常の多くに大意は無い。ただの自己満足・・・でもそれで良いのではないか。

 小さな花と、ふと思ったことをつらつらと。

 

 花の写真を撮ろうとすると風の強さを感じる。

そよ風でも花は大きく揺れる。

 強い風であっても必ず瞬間的に無風の状況が起きる。

その時を待って、中腰で花にピントを合わせ続ける。

 シャッターを押せたとき、ホッとすると同時に腰の重みを感じる。

 

f:id:isourounomitu:20170710180538j:plain

 

 こんな行為を、若い頃はバカでないかと思っていた。

今でもそう思うのであるが。

 たっぷり時はあるのに、何も無理しないで良い状態で事を起こせばと思う。

 だが、良い状態でもやる気が起きなければ時は過ぎる。

やろうとする気が起きた時にしなければ、また時は過ぎる。

時が過ぎたからとて、何か問題が起きるわけでもないのだが。

 必然性・必要性を重く感じることでなければ、その行為は無くてもいいこと。

ただの自己満足。

 

f:id:isourounomitu:20170710180607j:plain

 

 事を・行為を人に説明しても・・・「だから、何なの」と思われ、聞き流されて終わる。

内容の知らない人から、とやかく聞かれるよりはましなのだが。

趣味とはそんなもの。

日常生活の多くもそんなもの。

 あいさつ代わりに訪ねられて、その気になって熱弁しても、相手は聞き流すだけ。

しゃべらせてもらえたことで満足すればそれで良い。

それ以上を求めずに。

 

f:id:isourounomitu:20170710180652j:plain

 

 自己満足で良い、それで良しと思えればそれで良い。

これを超えて、それぞれ立場が違うことを忘れて、必要以上に説明をしたり、どうでもいいような質問をされたりすると些細なもめごとが起きる。

 当事者は真剣に思い語り合っているつもりだが、第三者はアホらしく思っているかもしれない。

 まあ、それも充実した時間と思えば良いのだろう。

 

f:id:isourounomitu:20170710180724j:plain

f:id:isourounomitu:20170710180803j:plain

 

地震に強い砂利層と鉄道砂利の再利用についてふと思ったこと。

 時間が空いたのでカメラを持って、目的もなく車を走らせた。

今時良い風景も無い。風も強い。

 遠くに何かが見えた。

望遠レンズで見るとアオサギだった。

アオサギは田んぼにいるが、畑で見るのは初めてだった。

80mほどの距離で強風ともなれば、普通は写真を撮ろうと思わないところであるが、何もないよりはとカメラを構えた。

 結果は人様に見せられるような写真ではないが砂利層が写っていた。

 

f:id:isourounomitu:20170705113411j:plain

アオサギは風上に背を向けている。

 

 そこは休耕田、田んぼに米以外の作物を植えているところ。

田んぼは水を保つために畔(あぜ)で一定程度水平にしているが、傾斜が多い地形では1m以上の段差ができる。

 写真にはたまたまこの段差が写っていて、砂利層であることが分かる。

 妻にこの写真を見せて説明した。

妻は震源地に近い我が町が震度2で、離れている所が震度3ということが、泥炭地は揺れに弱く、我が町は砂利層だからあまり揺れないという、地盤の違いであることを真には理解していないようだったので砂利層の説明をした。

 

f:id:isourounomitu:20170705113627j:plain

 鳥も風上に向きを変えてから飛び立つ

 

 その夜、ふと考えた。

 JR北海道の赤字路線廃止の対策として、観光的発想から乗客を増やすことや、行政の助成などが語られているが、すべてが鉄道ありきである。

 公共交通網は国や行政が考えることではあるが、鉄道ありきなので良いのだろうか。

 大雪になると、吹雪になると最初に鉄道がストップする。

 昔ある学者が、北海道の将来の交通機関はゴンドラのようなものが適していると。

 ゴンドラのようなものであれば、線路は鉄として、その下の大量の砂利も再利用できる。

その土地も駐車場や排水施設など有効利用は可能だ。

私が考えてもどうしようもないことなのだが、夢は膨らむ。

 

f:id:isourounomitu:20170705113822j:plain

 条件が良ければ、のどかな写真が撮れる

 

 テレビを見ながらそんなことを考えていた時、久し振りの大きな揺れ。

取りあえずドアを開けた。

被害無し、異常なし

 

f:id:isourounomitu:20170705114145j:plain

フキノトウのような感じ

f:id:isourounomitu:20170705114111j:plain

???

f:id:isourounomitu:20170705114222j:plain

↑ ↓ 小さな小さな花

f:id:isourounomitu:20170705114249j:plain

 

目に関する経験の雑談

 私の血圧は安静時、上110前後から下60前後で脈拍は50前半。

中・高校の頃は頻繁に目まいを起こしていた。

 目まいが起きそうに感じたら、鏡で自分の目を見る。

夜の大きく開いた瞳が2・3秒の内に急激に小さくなり、目の前が真っ暗になる・・・最後の瞳の状況は知りようがない。

 

 写真はいずれも午前4時30分頃、朝もやに霞む朝日(月ではありません)

モヤの途切れた場所

f:id:isourounomitu:20170629001652j:plain

 

 子どもの頃、兄たちは私の面倒が嫌になると寝たふりをする。

ゆすっても起きないから、兄のマブタを手で開けた。

黒目が真っすぐこちらを向いていて、ニヤッと笑った。

 ある時、マブタを手で開けたら黒目がなかった・・・

上の方に黒目の一部が微かに見えて、本当に寝ていると感じた。

 その後兄たちは黒目を上にするようにしが、目の周りに力が入り、マブタもきつく閉ざされているのでタヌキ寝はすぐにわかった。 

 

太陽はモヤの中、モヤの薄いところだけ乱反射している

f:id:isourounomitu:20170629001751j:plain

  

 私の右のマブタは下がっているが、筋無力症ではない。

 眼底検査の時、大きく目を開けてと言われてもつらいところ。

 先日医学的内容のテレビを見ていたら、マブタを上げ下げする細い複数の筋?は非常に弱く、目を強くこすったり打撲などで、その筋が数本ずつ切れてマブタが上がらなくなるそうだ。

 さらに、マブタが下がっていることが、腰痛などの要因にもなるので、整形や化粧品でマブタを上げるようにとのこと。

 二重マブタ用化粧品(接着剤)を試してみた。

二重マブタならできるが、それ以上上げるにはなかなか上手くいかない。

ようやく出来たら、突っ張って目がイズイ(方言かな?)

 その接着剤を取り落とすのも容易ではない。

強くこすらなければ取れない・・・強くこする・・・またマブタの筋が切れるのではないか?

そんなこんなで数回で使用を止めた。

 

しつこいようですが朝日です

f:id:isourounomitu:20170629001837j:plain

 

 また、別の医学的内容のテレビを見ていたら、これこれと妻が言う。

 寝ている私のマブタの奥で、目が左右に激しく動いているような感じで気持ち悪かったと。

 その番組では、誰もが寝ながらに目を激しく動かしていると言う、レム睡眠時の急激な眼球運動の説明だった。

 急激な眼球運動(Rapid Eye Movement)から、『レム(REM)睡眠』と名付けたそうであるが、その動きを私は見たことがない。

 

f:id:isourounomitu:20170629002350j:plain

 

 そして数日後、昨日の夜中ひどい目にあったと妻が言う。

 カサカサと虫の動く音がしてあちこち探したら、私が眠りながらパソコンのマウスを動かすように、手を動かしていた音だったと。

 その頃は毎日数時間、数えきれないほどの画像と書類の整理を続けていたので、夢の中でもその作業をしていたのだろう。

 今現在、未完のまま作業は中断している。

 

f:id:isourounomitu:20170629002445j:plain

f:id:isourounomitu:20170629002521j:plain

たまには味ログでもしましょうか

ある行きつけのところで食事をしました。

3か月に1回程度が、今月は2回目。

別の付き合いでの知り合いで、開店当時から利用しているが、今はミシュラン二つ星。

当初は思い付きで利用できたが、今は私も正規に予約をしている。

いつもは写真など撮らないが、前回ははカメラを持参したので写真を投稿。

この度のブログの内容には意味も何もありません。

急いでブログを更新しなければならない、私なりのワケがあるのです。

私が愛読している森女史だけがその意味を知っているかもしれません。

 

昼食の最低コースです

一品一品説明があるのですが、覚えていません。

f:id:isourounomitu:20170623003644j:plainf:id:isourounomitu:20170623003706j:plain

f:id:isourounomitu:20170623003722j:plainf:id:isourounomitu:20170623003739j:plain

f:id:isourounomitu:20170623003753j:plainf:id:isourounomitu:20170623003812j:plain

↑中央の白っぽいのが北海道の竹の子

f:id:isourounomitu:20170623003826j:plainf:id:isourounomitu:20170623003843j:plain

         緑色の手前が白小豆-市場では見られない↑

f:id:isourounomitu:20170623003900j:plain

食事処の番犬であるがいつもこの調子で、時たま通るキツネからも恐れられていない。

 

 

 

協働の意思表示

 母は小さな旅館を営んでいた。

どこかで事件が起きると、警察が宿帳(宿泊者名簿)を調べに来る。

 宿帳(ヤドチョウ)は、食中毒や伝染病が起きた時の追跡調査のために義務付けられているとかで、保健所管轄であるが、警察だけがこれを利用している。

 警察は玄関先で確認して帰るのだが、ある頃から上がり込んで雑談をするようになったと、母は不思議がっていた。

 

今回もダラダラ文ですので、写真でもご覧ください。

f:id:isourounomitu:20170621220300j:plainf:id:isourounomitu:20170621220321j:plain

カワラヒワ  子どなのか?頭がぼさぼさ

 

 私は大学卒業後、『特殊学級(現・特別支援学級)否定論』及び『地域組織運動論』についての考えをまとめようとしていたところ、「家の手伝いをしなくていい。必要な小遣いも付ける」との甘い言葉に釣られて帰ってきていた。

 警察の動きの変化は、私の動向を探るためだった。

学生時代の活動は省略するが、15年ほど警察のリストに載っていたようだ。

 住民課係長が「警察がお前の動向を調べにきていたが、ここ数年はなくなった」と言われた。

その頃から宿帳確認後はすぐに帰るようになっていた。

 

 たまたま旅行に出かけた直前に、道庁爆破が起きた。

帰って出勤すると、別室で客が待っていると課長に言われた。

何だかんだ質問されているうちに刑事であることが分かった。

当然、任意調査だから追い返して終えた。

 

 現在の法でもこの様に警察は動いている。

別件逮捕も多様化している。

その刑事を批判していないし嫌っているわけでもない。

制度の問題だから。

私に接してきた刑事の一人は後に特捜に配置され、時たま悪政治家の情報をくれた。

 

f:id:isourounomitu:20170621220755j:plainf:id:isourounomitu:20170621220825j:plain

 道端にひょろっとした『コウリンタンポポ』と思うのですが?

 

 1960年、60年安保反対集会の大衆の姿を見て、安倍晋三の祖父である岸信介総理はためらったが、「それよりも多くの国民は競馬や野球を観戦している・・・反対している国民は少ない」と言うアドバイスに調印する気になったそうだ。 

 

 集会など態度で意思を表現することの意義は大きい。

だが、意識面や精神的・物理的状況でできない人もいる。

自分の意識に合わせ、状況・立場に合わせ、自分ができることを無理せずにすればいい。

背伸びしすぎて挫折した者は離れていく。

 

 『協働』とは、目標に向かって皆が同じ行動をするのではなく、目標に向かって自分ができることを、自分のペースで自分がしたい行為と意思表示をすること。

物事に対する見方考え方の意識と良識を高めようと心がけていれば、いずれ信頼できる関係ができてくる。

信頼できない指導者の声を誰が信用しようか。

 

 当初の文を半分以上削除したため、理解できない部分が多々あると思いますが、年よりのタワ言としてお流しください。

 

f:id:isourounomitu:20170621221726j:plainf:id:isourounomitu:20170621221848j:plain

ハルジオン(春紫苑)?    ヒメジョオン(姫女苑)?

 同じ花と思い込んでいた。今回掲載した3つの花を自分で調べたが、数時間かかって確信持てない。 

やっぱり調べることはやめよう。