久しぶりに虹を見て。

f:id:isourounomitu:20181019224004j:plain

 


  定例の碁会を終えると、にわか雨はやんでいた。

f:id:isourounomitu:20181019224043j:plain

 

 外に出ると虹、しばらくぶりに見る虹。
 虹の橋ではなく縦だけでも、虹は虹と車を走らせた。

f:id:isourounomitu:20181019224128j:plain

 

 平地に出ると十数キロ離れた右(南)側にも虹の柱。
消える前に良いロケ地に行こうと思いつつ、所々で写しながら移動。


 遠くで夕立が降っているような雲も見えた。

f:id:isourounomitu:20181019224243j:plain

 

 

 昨年からにわか雨が少ないから、虹も期待できないと友に話をしていたのは数日前。


 その友が、昨日の虹はすごかった、あんな大きな虹、何年ぶりだろうと言う。

 

f:id:isourounomitu:20181019224347j:plain

間もなく日没

 

 何で教えてくれなかったと問うと、
 ・・あ、あー・・・、そうだよな、何で連絡しなかったのかな?

 ボケきたかとひやかしたが、
あまりにもの美しさに我を忘れたのだろう。

 

 平地に出る虹のアーチは大きすぎてカメラに納まらないから、大した問題ではないのだが、やっぱり見たかった。

 撮影場所を色々変えたから、子供は沢山の虹が出たと思うだろう。

f:id:isourounomitu:20181019224640j:plain

夕焼けが始まり、虹は消えた

 

 予想しないことが起きた時に、極端な驚きに、人は我を忘れることがある。
 これが、心の浄化などになれば良いのだが、社会生活の中では逆の場合がある。

 

f:id:isourounomitu:20181019224743j:plain

夕陽は雲の影


貴方が抽選で当たりました、のメール。
告訴されます、のハガキ。
これを付けなければ危険です・違法です、と訪問。
原野商法でだまされて買った土地に買い手がついたから測量をします、と電話。
・・・ビックリしてすぐに対応してしまう。

 

 

 

f:id:isourounomitu:20181019224943j:plain



 前回のブログに栗の木を掲載し、
好きな写真だが、他の人は良いとは思ないだろうなと心配していたが、多少の反応があったので嬉しい気持ち。

 

f:id:isourounomitu:20181019225049j:plain

主は昼寝中の機械たち。木の下に見える2台が刈取りの機械のようで、右端が刈取り後の整地用ブル。 ~赤っぽく見えるのが栗の実。


 愛読させていただいている方から、芝を刈り取る機械の写真は?との要望を受けたが、
 数年前までは農作業よりも農村風景の写真が中心だったので、拡大写真は無かった。

 


 id:PSP‐PAGFさん、この程度でご勘弁を。

 張芝を作っている所は少ないせいか、ネットでも大型機械は見つけられなかったです。

 

f:id:isourounomitu:20181019230310j:plain

午後の作業

 

f:id:isourounomitu:20181019230351j:plain

夕暮れの作業

もう秋ですね。

f:id:isourounomitu:20181013004440j:plain

広いヒマワリ畑

 

 夏、寒く雨の日が多かった。
 雪がまだ残っている頃に、クジャクチョウを見たが、
友の物置でふ化したことが後に分かった。
 今年は、モンシロチョウを除いて、蝶々を見ることは少なかった。
 弱々しい蚊が1匹・・・殺してしまった。
 ふ化できないで絶えたものも多かったのだろう。

 

f:id:isourounomitu:20181013004658j:plain

栗の木と芝。 この芝は年2回程はぎ取って販売する。

 

 ほとんどの農作物が不作で秋を迎えた。
 小さな余震は今も時々起きている。
 大きな物が、ドシーンと落ちて揺れるような感じの単発的地震
 お、おおーと腰を浮かすことなく、お、で終わる。

 

f:id:isourounomitu:20181013005019j:plain

曇り空の遠くにトンビ

 

 あの地震以降、天気の良い日が続いて、青空に浮かぶ雲を見ていると落ち着く感じ。
 空を見ると、必ずと言えるほど遠くにトンビが見える。
「トンビが飛んでいる」との表現は妥当ではないか?


 舞っている。浮いている。泳いでいる。滑空している・・・・わからない。

 

f:id:isourounomitu:20181013005208j:plain

 

 悩んだときは青空を見るがいいと聞いたが、子供の私は逆だった。
 あまりにも大きく、はてしない青空を見ると、自分がちっぽけに感じ、何をしたからとて何にもならないと思ったものだ。
 でも雲を見るのは好きだった。
雲は、変化しながら流れる所が良い。
タバコのくゆらす煙も好きだった。

 

f:id:isourounomitu:20181013005417j:plain


トンビが近くにやってきた。
ほぼ真下から写すと、肛門が見えた?・・・・

 

f:id:isourounomitu:20181013005445j:plain

 

 カラスは集団で、トンビが捉えたエサを横取りする。
嫌われカラスも、よく見るとしぐさなどに愛着を感じることも有る。

 

f:id:isourounomitu:20181013005523j:plain

f:id:isourounomitu:20181013005532j:plain

 

 

 

上空のトンビの角度を変えて写した写真。

f:id:isourounomitu:20181013005643j:plain


間違えた・・・足だった。

 

 

 遠くに見えた飛行機、もしかしてと写したら、やっぱり間もなく職務全うする政府専用機だった。
総理のためだけの(友人も乗せる)大型飛行機。

 

f:id:isourounomitu:20181013005718j:plain


 これを使用する前後の試験飛行しているところだったのだろう。
 当日は予備用の同型飛行機を携えて2機で飛行する。
・・・これを我々老人はもったいないと言う。

 

 これで終わったら気分が悪いので、元気で綺麗なヒマワリでシメとします。

 

f:id:isourounomitu:20181013005835j:plain

 

 

稲の実入りが少なく、収穫は遅れています。

f:id:isourounomitu:20181006001231j:plain

 

 今日の朝の地震、15分ほど後にヘリコプターが現地方向に飛んで行った。
 その後もマスコミと思われるヘリコプターが数機飛んで行った。
 被害は少なかったようではあるが、揺れと地震警報音に驚いた。

 

f:id:isourounomitu:20181006001320j:plain

 

 例年の9月下旬は稲刈りの真最中なのだが、今年は10月4日時点でまだ半分も終わっていない。
 最近天気がいいので少しでも遅らそうとしているのだろう。

 2週間ほど前、いつもの農家が初収穫米を出したが後に続かなかった。


   (1番目に出荷される米(玄米)には、ご祝儀として1等米と格付けされることが  

     多い。 1~3等米及び規格外の4分類にされる。)

 

 

以下収穫の様子を写真で報告。

f:id:isourounomitu:20181006001656j:plain

f:id:isourounomitu:20181006001708j:plain

 

下の写真1枚は、大豆・小麦・蕎麦などの収穫もできる、汎用型コンバインで、他の写真は自脱型コンバイン

f:id:isourounomitu:20181006001925j:plain

 

f:id:isourounomitu:20181006001941j:plain

f:id:isourounomitu:20181006001958j:plain

f:id:isourounomitu:20181006002206j:plain

 

 

先の地震で町内でも墓石が倒れたところもあったようだ。

f:id:isourounomitu:20181006002304j:plain

 

大豆畑
逆光になると物は黒っぽく映るのだが、大豆は特にそれが強く表現される。

f:id:isourounomitu:20181006002424j:plain


広い畑の中で、草を取る姿が良く見かけるが、ほとんどは女性だ。

f:id:isourounomitu:20181006002502j:plain

 

f:id:isourounomitu:20181006002538j:plain

 踏みつけないようにした足の運び、重いゴム長靴・・・私には無理。

 

 写真を写しまわっていると、今頃玉ねぎの収穫作業。
新芽を出さないための根切は当然にして、その場で自然乾燥をしたのだろう。

f:id:isourounomitu:20181006002648j:plain

神社祭りも終わり、稲は刈取り時。

f:id:isourounomitu:20180929004947j:plain


 実入りは良くないが、稲刈りが始まっている。
 大冷害の年「共済会が満額出て良かったね」と言ったら、「収穫出来て初めて達成感を感じて1年が終るんだ」と言われた。
収穫しての農民。

 

f:id:isourounomitu:20180929005054j:plain

次回のブログは収穫作業かな?

 

 今年の祭りは寂しいね・・・の意味は、露店数や催し物の状況をとらえて言うことが多い。
 神社例大祭そのものに関心を示す者も、神社参拝をする者も少ない・・・私自身もその一人。

 

f:id:isourounomitu:20180929005128j:plain

餅まきもします。

 

 子供の頃は100を超える出店があり、実家の旅館にはその取りまとめ(的屋の親分)が泊っていた。
 親分の代理人に連れられて露店を一回り(ショバ代集め?)すると、袋に入りきれないほどの菓子やおもちゃが手に入った。

 

f:id:isourounomitu:20180929005233j:plain

よその町の神輿


 それでも、自分でクジを引きたくて、ヨーヨー釣り、金魚すくいをしたくて、露店で時間をつぶした。
 お金を出してしていると「もう帰らないとおかみさんに怒られるよ」と言いながら、何度もただでさせてくれた。

 

f:id:isourounomitu:20180929005320j:plain

遠くから、家族連れの参加。夜遅くにと批判する声もあろうが、私は良しとする。

 

 露店商から暴力団が排除される前には、ケンカが時々起きて、出刃包丁を持ちだされることもあって、それから母は包丁を隠すようになった。
 危ない物(凶器)を片付けるように言われたが、何が危ないかわからないので、祭りの前日には何でも物置などに押し込む癖がついた。

 

f:id:isourounomitu:20180929005543j:plain

 

 私が風呂に入っていると、早く着いた親分が入ってきて、背中を流してくれと言う。
 石鹸を沢山付けて、一生懸命力を入れても落ちない。
「落ちないよと」言ったら、「これは落ちないんだ」と笑っていた。


それが入れ墨であることを知ったのは数年後の事だった。
その親分から3代目に代わった頃には、声をかけてくれる(知っている)露店も無くなり、今や数店の出店があるだけの寂しい祭り。

 

f:id:isourounomitu:20180929005651j:plain

 

 全道的に秋祭りの活気がなくなってきたころ、20年前ぐらいだろうか、神輿を担ぐ会があちこちに誕生した。
 その担ぎ手は、仕事を終えて各地から集まり、夜中に帰っていく。
今年は災害の影響か、担ぎ手は少なかったように感じた。

 

f:id:isourounomitu:20180929005735j:plain

右端の拍子木に合わせ、隊列が整って前進出来て終了となる。

 

 それに関わった経緯もあり、毎年ご祝儀を用意し写真を写している。
 最近は満足できる写真が撮れていない。
 初期の頃は、担ぎ方などを練習していたが、最近はただ神輿にしがみついている状態が多いからと知った。

 

f:id:isourounomitu:20180929005814j:plain

 

 時期が来ると練習する会もあるようだが、あちこちの祭りに出歩くのでさえ大変なのに、練習する時間も無いのだろう。
ゆとりのない今の社会。

 

f:id:isourounomitu:20180929005847j:plain

 


 
今年の天狗役は我が自治区担当。

若手も居なくなって、なりてが無く、

85歳の元気な先輩に依頼。

f:id:isourounomitu:20180929005918j:plain

災害後写した写真からNO.3(最終)

f:id:isourounomitu:20180923013624j:plain

 

 『喪に服す』とは、心穏やかでないので、異常な発言や行動、ミスを起こすから気を付けよ、との趣旨もあると聞いたことがある。
 災害にあった時もこの教えは通じるように思う。

 

f:id:isourounomitu:20180923013700j:plain

 

 子供の頃からいろいろな大事を経験してきた私も、この度の地震でミスをしてしまった。
 散らばったグラスなどわずかな被害ではあるが、その写真に撮っておきながら、忘れてしまっていた。
 不味い状態で運転した。
 ブログに掲載した札幌の被害道路写真で、東を西と書いてしまった。
皆さんにとってどうでもいいようなことだろうが、ミスってしまった。

 

f:id:isourounomitu:20180923013738j:plain

 

 

 虫たちは相変わらず元気のよう。

 

虫の嫌いな方は飛ばしてください

 

 花を写そうとしたときに、小さな虫たちを発見することが出来る。
 見慣れない虫にはカメラを向ける。
 しょっちゅう見る虫たちにも、カメラを向けたくなることがある。
 その時の気分なのか、虫がオーラを出しているのか。

 

バッタ・てんとう虫・カメムシ・・・種類はわからない。

f:id:isourounomitu:20180923013903j:plain

f:id:isourounomitu:20180923013914j:plain

f:id:isourounomitu:20180923013923j:plain

f:id:isourounomitu:20180923013940j:plain

 

ハバチ・オオマルハナバチに・・・後はハチ?アブ?

f:id:isourounomitu:20180923014102j:plain

f:id:isourounomitu:20180923014121j:plain

(8月上旬撮影)

 

f:id:isourounomitu:20180923014136j:plain

f:id:isourounomitu:20180923014144j:plain



虫たちには、空気がきれいで、花があれば良いのだろう。

 

 

これからは花

 

 小説や歌にある『風の盆恋歌』の酔芙蓉(スイフヨウ
朝は白、昼にピンク、夕方には赤に変化する、

不思議な1日だけの花。
 暑い夏だった2009年8月8日、友人がようやく咲かせた酔芙蓉。

 

f:id:isourounomitu:20180923014519j:plain

朝8時頃

f:id:isourounomitu:20180923014528j:plain

昼12時頃

f:id:isourounomitu:20180923014535j:plain

夕方6時頃

 

 そのとき私は初めて知って、その後は見たことがない。
 そして近年、他種の芙蓉を見ることが多い。

 

f:id:isourounomitu:20180923014629j:plain

f:id:isourounomitu:20180923014638j:plain

f:id:isourounomitu:20180923014649j:plain

上下とも花の大きさは20センチぐらいあるだろうか。

f:id:isourounomitu:20180923014657j:plain

 

上の写真が芙蓉(フヨウ)で、

下の写真が木槿ムクゲ)と思うのだが、自信は無い。

 

f:id:isourounomitu:20180923014846j:plain

f:id:isourounomitu:20180923014856j:plain

f:id:isourounomitu:20180923014910j:plain

 

 

喪に服しているような夕焼け写真で特集の終わり。

f:id:isourounomitu:20180923015003j:plain

災害後写した写真からNO.2

f:id:isourounomitu:20180921152854j:plain

 台風で倒れなかった稲も、

 ようやく実が大きくなってきて、収穫は間近。

f:id:isourounomitu:20180921153207j:plain

 


 小豆畑だろうか、草取りをしている。

f:id:isourounomitu:20180921153140j:plain

 

 近年の気候は異常だが、特に今年の気候は異常だと皆が言っている。
 記録更新の猛暑日もあったが、冷夏・日照不足は作物だけでなく、昆虫まで成長が出来なかったように思う。

 

f:id:isourounomitu:20180921153304j:plain

f:id:isourounomitu:20180921153313j:plain

 

 ここ数年、オニヤンマやシオカラトンボなどの大きなトンボが見なくなったと思っていた。
 農薬のせいなのだろうか。

 

f:id:isourounomitu:20180921153401j:plain

f:id:isourounomitu:20180921153410j:plain

 

 今年はアゲハ蝶8月上旬に見たが、その以降カラスアゲハも含め大きな蝶を見ていない。
 夏の寒さのせいなのか。

 

f:id:isourounomitu:20180921153512j:plain

8月上旬に写したアゲハ蝶

 

 8月1匹の蚊がいたので、ティッシュペーパーの箱を振りかざしたら、風圧で下に落ちた。
 何と弱い蚊よと思いながら、可哀そうにも思った。
 後に、マンホールの中で蚊が飛び立てないでいたと言うことを間接的に聞いたが、その状況を確認はしていない。

 

f:id:isourounomitu:20180921153559j:plain

イチモンジセセリ

 ヒメウラナミジャノメも? 

 羽をちぎられながら生きている。

f:id:isourounomitu:20180921153729j:plain


 大きなチョウやトンボを見てみたい。
 でも、小さなチョウもトンボもそれなりに被写体になってくれると嬉しいものだ。

 

f:id:isourounomitu:20180921154041j:plain

f:id:isourounomitu:20180921154100j:plain

f:id:isourounomitu:20180921154114j:plain

f:id:isourounomitu:20180921154123j:plain

 

 都市では糞公害で嫌われているムクドリも、

 可愛いものだ。

 

f:id:isourounomitu:20180921154328j:plain

f:id:isourounomitu:20180921154335j:plain

f:id:isourounomitu:20180921154343j:plain

 

 夕焼け・・・急いで山に登ったら終わるところ。

 

f:id:isourounomitu:20180921154409j:plain


次回は最終で、花と虫たちの予定。

居候の光、元気にダラダラとそれなりに生きています。

災害後写した写真から NO.1

f:id:isourounomitu:20180918222518j:plain

 

 家壁の断熱材や枝が流れ着いた川にアオサギがいて、
急にこちらに向け飛び立つものだからピント合わず。

f:id:isourounomitu:20180918222617j:plain

f:id:isourounomitu:20180918214900j:plain

f:id:isourounomitu:20180918214909j:plain

 

 

 小さな小さな人も寄り付かない滝。
紅葉の木を見上げると、折れた幹が枝に乗っかっていた。

f:id:isourounomitu:20180918214956j:plain

f:id:isourounomitu:20180918215005j:plain

 

 搾乳が一時出来なかった牛(ホルスタイン)たちも元気のようで日向ぼっこ。

f:id:isourounomitu:20180918222841j:plain

f:id:isourounomitu:20180918222850j:plain


 和牛の子供たちは、遠くから近寄ってくれた。

f:id:isourounomitu:20180918222922j:plain

 

 北海道のブラックアウトが、原発の稼働を早めることにはならないと専門家は言っているが、

政府や北電の意は違う。


 太陽光発電の買い取り額も抑えられ、新たな受け入れはしない状況。
 個人が設置する場合、最大電力量は決められていて、

下記写真が最大限。

f:id:isourounomitu:20180918223029j:plain

 

 競走馬もいつものとおり元気で、遊び過ぎた仔馬は横になっている。

f:id:isourounomitu:20180918223346j:plain

f:id:isourounomitu:20180918223356j:plain

 

 近くに民家が無い所で、猫が遊んでいた。
 農家の隣は近くて数十メートル、遠いと数百メートル。
農家の猫も行動範囲が広いようだ。

f:id:isourounomitu:20180918223551j:plain

 

 農業用人工貯水池の奥に、かすかに見えたのは種類の異なるカモたち。

f:id:isourounomitu:20180918223622j:plain

200メート程離れているので、このサイズが限界。

手前に見える金色は、魚かゴミかわからない。


 別な貯水池にいたカルガモ
青色は季節の変わり目に出る特徴だそうだ。
もう秋だものな。

f:id:isourounomitu:20180918224113j:plain

f:id:isourounomitu:20180918224122j:plain

 

今日はこれぐらいにして、次回はチョウとトンボの予定。

 

f:id:isourounomitu:20180918224202j:plain