昆虫が少ないように思う。

f:id:isourounomitu:20190910180109j:plain

 

 今年も異常気象と言うか、

 寒暖の差が激しいやら、日照不足に雨不足。

 

 ようやく陽が差せば、真夏日

 ようやく雨が降れば、畑の土を流す豪雨。

 

f:id:isourounomitu:20190910180229j:plain

 モンキチョウ-正面)

f:id:isourounomitu:20190910180324j:plain

 

 暴風・豪雨の被害を受けた地域の方からすれば、

その程度で文句を言うなと、怒られそうであるが。

 

 今年はチョウが異常に少ないと何度言った事だろう。

外仕事をしている人たちは、トンボもハチも青虫も少ないと言う。

 

f:id:isourounomitu:20190910180355j:plain

アリ

 アリもあまり見かけなかった。

 

 モンシロチョウたちも、子孫繁栄の営みをしているのだろうが、来年はどうなるのやら。

 

f:id:isourounomitu:20190910180442j:plain

モンシロチョウ

f:id:isourounomitu:20190910180526j:plain

オスの攻防?

 

 9月に入ればチョウの姿は減っていくのだが、

温かいせいか、夏場少なかったから感じるのか、今頃になってチョウの姿を見るが、哀れな姿。

 

f:id:isourounomitu:20190910180631j:plain

f:id:isourounomitu:20190910180653j:plain

 

 いまだに枝豆や野菜が毎日どこからか届いている。

 

 昨日は初めて見る、黒トマトなるものが届いた。

黒い色(写真左)を置いておくと、オレンジ色(写真右)に変色するとのこと。

ネットで調べると、すでに普及していて、黒い状態で食べても良いらしい。

f:id:isourounomitu:20190910180750j:plain

黒トマト

 

 

 

 その時、家の前で綺麗なスズメ程の小鳥が死んでいた。

 

熱射病ではないだろうが、傷らしきものは見られない。

 

小鳥の名前はわからないが、裏の空き地に葬った。

 

f:id:isourounomitu:20190910175922j:plainf:id:isourounomitu:20190910175828j:plainf:id:isourounomitu:20190910175437j:plain



小鳥を埋葬した夕方、

 

月が冥福を祈るような静かな夕焼けだった。

 

f:id:isourounomitu:20190910181024j:plain

月と夕陽

f:id:isourounomitu:20190910181110j:plain

夕陽と街路灯



・・・ウソ、数日前の夕陽。

 

人の心情を基準で判断することには無理がある。

f:id:isourounomitu:20190906221155j:plain (グラジオラス-7月31日)


開花期間が長いなと思った花たちから。

 

f:id:isourounomitu:20190906221349j:plain

グラジオラス9月3日)

 

 

 最近、雑用に追われて忙しい日が続いている。


忙しいとは、対応する時間を意味することなのだろうが、
私の場合、疲れてうたた寝をする時間も含めてのこと。

 

f:id:isourounomitu:20190906221503j:plain

(空き地に咲く花)


 だから、人から見れば忙しいことにはならないなのだろうが、  私の心境は忙しいのだ。


 精神的ダメージを全く受けていないが、忙しいのだ。


 私が忙しいと感じれば、忙しいのだ。

 

f:id:isourounomitu:20190906221648j:plain

(空き地に咲く花・枯れた花)

f:id:isourounomitu:20190906221704j:plain





 イジメられていた子が自殺した時、
自殺の原因はイジメでは無かったと、関係者が結論付けることがある


 イジメの内容や数量など(環境面)を調査した結果、

自殺に至るほどのものではないと言う。

 

f:id:isourounomitu:20190906222218j:plain

(小さな花-メガネツユクサカタバミ?)

 

 その子のイジメのつらさの重みを、死にたくなる想いを、第三者が判断することは難しいだろう。


 何らかの基準をもとに、環境面を判断するのだろうが、
人それぞれ異なる想い・感じ方を、その時々の心境の度合いを、何の基準をもって測れようか。

 

f:id:isourounomitu:20190906222508j:plain

(コスモス)


では、どうすれば良いかと問われても、

私にはわからない。
ふと想っただけのこと。

 

f:id:isourounomitu:20190906222612j:plain

(紫陽花)

f:id:isourounomitu:20190906222631j:plain

 

 

話をまた変えて、

 最近の陽ざしと適度の雨で、ようやく農作物が収穫されてきている。


 3年ほど前、家庭菜園で育てたトウモロコシがアライグマに荒らされて、トウモロコシの作付けをやめた人たちも、今年はわずかながら作付けしたようだ。

 

f:id:isourounomitu:20190906222829j:plain

(9月2日)

 枝豆もようやく収穫され、
余ったら配ってくださいと大量に届くようになった。


 例年は妻が煮て、私がアゴで指示され配り歩くのだが、
今年は全てを妻が行っている。


 私は忙しいのだから。


    忙しい素振りも良いものだ。

 

f:id:isourounomitu:20190906223013j:plain

(コスモス)

     ミカンを食べ過ぎると、肌が黄色くなるが、
      肉やワカメを食べ過ぎると、アレが黒っぽくなる。
     枝豆を食べ過ぎると、アレが黄緑色っぽくなる。


     大意はありません、ふと思っただけ。


 今日も、とうきび(トウモロコシ)が20本以上届いた。
妻が大きな鍋でゆでている。


私は忙しい素振りをしている。

f:id:isourounomitu:20190906223302j:plain

シュウメイギク

葬儀を終えて。

 

f:id:isourounomitu:20190830214344j:plain



 豪雨被害が拡大しそうで心配していますが、対処の方法も無いほど強烈で、被害が少ないことを願うばかりです。

 

 

f:id:isourounomitu:20190830214428j:plain

(芙蓉―亡くなられた方の庭と、隣の庭の花から)


 会合に出かけようと準備をしようと思っていた時、
米寿を間近にした老女が亡くなったとの電話。


 葬儀日程も決まり、一切を葬儀社に依頼するが、
葬儀委員長を受けてもらいたいとのこと。

 

f:id:isourounomitu:20190830214521j:plain



 亡くなった方は、未婚で妹との二人暮らし。


 取りあえず自宅に駆け付けたが、
妹も普段から体調悪く、この時は精神的にも不安定なようす。


 対応できないから、近所の人には来ないでもらいたいと言う。

 

 断片的に話されることを聞きながら、再確認も出来ずに自分なりに状況をまとめる。


 仮通夜も、住職が遠くに出かけており、戻った時点で行うとのこと。

 

f:id:isourounomitu:20190830214652j:plain

(直径20㎝以上ある芙蓉)


 我が町内会は、訃報を回覧で知らせることになっているので、
急いで回覧を作成し、各班長に回覧の依頼を済ませて、2時間ほどの会合に出かけた。

 

 訃報を聞くと、親しい人は弔問に行くのが普通であるが、
弔問をご遠慮されたい旨の回覧なので、その趣旨の問い合わせがあちこちからくる。

 

 

f:id:isourounomitu:20190830214744j:plain



 翌日の新聞『お悔み欄』を見ると、通夜の時間が違う。
今回は再確認していなかった大失態。

 

 北海道では死亡の手続きをすると、本人の了解を得て担当者が新聞社に報告するシステムになっている。
 新聞のお悔み欄には、全道の亡くなられた方の葬儀日程などが無料で掲載される。
これを見て空き巣や、詐欺行為もまれに起きているようだが。

 

f:id:isourounomitu:20190830214839j:plain



 通夜に参列する人はおおよそ推測できるのだが、すべての家に訂正文を配り歩く。


「心にゆとりをもって仕事をしないと、ただの事務屋になるぞ」

「再確認を必ずすること」などと言っていた自分を思い出しながら。

 

 

f:id:isourounomitu:20190830215104j:plain

ハマナスの実 - 食べても害は無い??が、種ばかりとのこと)

 

 


 我が町は『地域医療』体制を整えており、本人が希望すれば、

訪問診療(往診よりも計画性、内容の充実あるもの)や、訪問リハビリ・ヘルパー派遣・配食サービスなどを活用して、可能な限り自宅療養を行う。

 

f:id:isourounomitu:20190830215246j:plain

(ぶどう - 食べごろはまだ先)


 亡くなった彼女も、複数の病気を持ちながらこれを利用し、

水割りの日本酒をたしなみ、訪問リハビリの一環で買物をし、

体調良い時は、おしゃれをして興味あるところに出かけて、日々の生活を楽しんでいた。

 

f:id:isourounomitu:20190830215523j:plain

(8月20日18時前に撮影)


 それでも体調を崩すと、緊急通報装置(ボタンを押すと119番通報される)で、救急車と担当医師が駆けつける。


(独居老人の場合は、玄関の鍵が開かないことも有るので、本人が指定する近所の者も同時に対応することがある。)


 医師の応急処置で終える場合もあるが、入院になることも有る。

 

 

f:id:isourounomitu:20190830215657j:plain



 何度も入退院を繰り返しながら生活してきたのだが、
この度は間もなく退院と言われながら、急変し病室で亡くなった。


 高齢者にはよくある事例だろう。

 

 

f:id:isourounomitu:20190830215746j:plain



 通夜の住職の説教で「自宅で亡くなった」と言う。

あのような状況だから住職も誤解したのだろう。


 直後の葬儀委員長の挨拶。


 誤解を訂正することも何なので、用意していた原稿の内容を変更しながら、汗をかきながらの挨拶となった。

 

f:id:isourounomitu:20190830215847j:plain



 確認不足が誤解を生み、

対応に苦慮して、忘れることのない葬儀となった。

 

f:id:isourounomitu:20190830220115j:plain

カノコユリ ― 亡くなった方が好きだった)

 

 

 

生前贈与が非課税になること。

f:id:isourounomitu:20190825004222j:plain

(芙蓉‐ふよう)

 

 7月頃までの農作物は、日照不足と雨不足で不作であったようだが、
最近ようやく、あちこちから産物が届くようになった。


 8月以降の各農作物は豊作が期待できるようで、息子に農業経営権を譲っている、隠居の身の彼は喜んでいた。

 

f:id:isourounomitu:20190825004259j:plain

(カボチャの種類も多くなって、小型が求められるよう)

 

 彼が経営者であれば、異常気象にあって収穫が終わるまではわからないとの心境もあるだろうし、税申告を意識してその喜びを表情には出さなかっただろう。


 その時々の喜びを素直に表現できるのも隠居の良さなのだろうか。

 

f:id:isourounomitu:20190825004400j:plain

(白色のナスビ)

 

 隠居の身である彼も、農繁期には一生懸命働く。


 農用機械を運転操作しながら指示を出すのは経営者と暗黙のルールがある。


 機械が回り切れない狭い場所などの手作業や、機械のテコとなり動き回るのが女性や隠居の仕事。


「農用機械の運転は、年寄りや女性にさせるべきだ」といまさら言っても相手にされない。

 

f:id:isourounomitu:20190825004457j:plain

アサガオ

 

 『隠居』 終戦後の戸籍法改正までは、経営者が子に経営権を譲るとき、隠居の届け出をし、戸籍にその旨記載された。


 また、士農工商・・・などの表示もされていたが、戸籍を取り寄せるとその表示部分を塗りつぶし発行されていた。


 今は戸籍のコンピューター化により、これらは全て抹消されている。

 

f:id:isourounomitu:20190825004603j:plain

アオサギ~私を見て、すぐに飛び立った)


 『農地の生前一括贈与』に関する法があるが、ある意味においては、隠居の届けでのようなもの。


 農地の生前一括贈与の基本は農地の全てを贈与する条件。
 農業経営者の若返りや、機械を導入し規模の拡大、資金(融資)利用条件の確保などが趣旨。

 

f:id:isourounomitu:20190825004658j:plain

(トビ~この後急降下して、しばらくしても藪の中から飛び立たなかった)

 

 国民健康保険法が、続いて国民年金法が制定され、福祉的制度が確立しつつあった昭和30年代。


 その最後の昭和39年に出来た農業者用の生前一括贈与を、北海道では対象となる多くの農業者が、喜んで手続きをした。

 

f:id:isourounomitu:20190825004752j:plain

ヒヨドリと思うが)

 

 それから色々状況が変わって平成になると、

生前一括贈与をして失敗したと言う者が増えた。


 この法は贈与税の免除ではなく猶予(ゆうよ=保留状態)
農業を続けて、親が死んだとき贈与税の免除が確定する。


 親が死ぬ前に贈与された者が離農(農業を止める)すると、
本来かかるべきであった贈与税と、それまでの期間の利子税を加算して払わなければならない。

 

f:id:isourounomitu:20190825004924j:plain

(以下、ハシブトガラかコガラかわからない)

 

 その頃は、70歳代で長生きしたと言われ、80歳で亡くなればお祝いものだった。


 贈与を受けた者が70歳を超え、後継者も無く疲れ切って、贈与した親は頑張れよと、自由に暮らしている。


 農業を止めることも、縮小することもできず。


 親の長生きが嬉しいような、悲しいような。

 

f:id:isourounomitu:20190825005055j:plain

 

 道路や排水のための土地を提供(売る)しても、その部分の収入以上の贈与税と利息を払わなければならない。


 今は公共用地の売買は特例扱いになっており、法も色々是正されてきているのだが、

生前一括贈与の手続きをする者はまれとなった。

 

f:id:isourounomitu:20190825005147j:plain

 

 現在、一般人を対象に生活費・学資資金・住宅取得資金など一部に関わる生前贈与が非課税になる制度がある。

 

 私はこれを詳しく調べたことは無いが、いろいろな条件が付いているようだ。


 せっかくの制度、良く調べ、考えてから有意義に活用されることを願いたい。

f:id:isourounomitu:20190825005311j:plain

 

中古住宅の売買を終えて。

f:id:isourounomitu:20190819235304j:plain

ハゼラン


 昨年、高齢者施設に入所したAさんから、元の住居を手放したいと言われたのは今年の5月初旬だっただろうか。

 

 今回の内容はボツにしようかと思いつつ何回も書き直し、結局ダラダラとした内容で発信することにした。


(Aさん宅に咲いていた花を見ながら。~花の名は間違えていることも有ります)

 

f:id:isourounomitu:20190819235628j:plain

 

 Aさんは身体障害で生活保護受給者。
数十年前に離婚し自宅での独居生活であった。


 若かりし頃にお世話になって恩義があると、91歳の婦人が時たま来ては庭の整備や日常の手伝いをしていた。

 

f:id:isourounomitu:20190819235701j:plain

シモツケソウ

 生活困窮者の子供が、親の経済的支援が出来ない旨の意思表示をすると、自宅があっても生活保護を受給できる。


 その受給者が死亡した場合、経済的支援をしなかった子供であってもその不動産の相続権がある。

 

f:id:isourounomitu:20190819235810j:plain



 親の支援をしない子供に財産を渡さず、行政が受けるべきとの法改正の動きが15年ほど前にあったが、まだ決まってはいないようだ(未確認)。


 不動産価値が高い都会のことはわからないが、
子供に相続権を放棄された固定資産の対処に苦慮する町村にとって、都道府県なりが資産を没収してくれた方がありがたいのだが。

 

f:id:isourounomitu:20190819235850j:plain

ウツギ

 

 その婦人が昨年交通事故で亡くなり、

 Aは施設入所となったのだが、自宅での生活に戻りたい未練があり、住宅を手放す気も起きなかったようだ。

 

f:id:isourounomitu:20190819235946j:plain

ワスレナグサ 

 

 機会があれば自宅を見に来ていたが、
婦人が丹精込めた庭が荒れていく姿を見て、庭を守りたいとの心情から住宅を手放す気になったようだ。
(婦人は小さな花が好きだったので、写真も小さな花を中心に掲載)

 

f:id:isourounomitu:20190820000151j:plain

シレネ?

 

 120坪の土地に2階建延べ40坪ほどの家と車3台の駐車場スペース以外は広い庭。


 家は築50年以上で下水道が未完備、屋根や外壁の修理も必要な状況。
庭を守ることも含めると売買条件は厳しい。

 

f:id:isourounomitu:20190820000237j:plain

ラバテラ?

 

 公共の下水道には『下水道』と『(農業)集落排水』がある。
 都市計画法で定められた都市計画区域内では『下水道』が完備されていて、雑排水は下水道に流すことが強制されている。
(トイレは強制ではないが、水洗化するのが通常)

 

 人口が少ない集落では、都市計画が無い、あるいは都市計画区域外のため、『集落排水』で代用される。


 『集落排水』は個々の設置に強制力がないので、
集落排水(下水道)を使わず、トイレも汲み取り式の家もある。

 

f:id:isourounomitu:20190820000748j:plain

イカリソウ

 

 住人が不在になると廃屋となり、墓も朽ちていくことが多いのが田舎の現状。


 親が残した住宅を必要としない子供にとって、住宅解体費や固定資産税の支払いはきつい。


 土地・建物に家財一切を無料で引き取ってほしいと言うのが本音。
(その資産を無料で手に入れると、受け手に贈与税がかかり高上りになることもある。)

 

f:id:isourounomitu:20190820000849j:plain

コリウス

 

 築30年以内で定期的にリフォームされていれば、土地付きで1,000万円以上の売買事例はあるのだが。


 Aのような古い固定資産の一般的売買の状況は、
土地代(評価額相当)-住宅解体費用=売買価格
(購入者がその住宅に住んだとしても)

 

f:id:isourounomitu:20190820000948j:plain

ケマンソウ

 

 買主がこの基本額に、
庭などを価値あるものとして売買価格に加算するか、
逆に樹木の伐採や整地の費用などを減額するか。


 家財などの価値を加算するか、廃棄処分経費として減額するかなどが交渉となる。

 

f:id:isourounomitu:20190820001103j:plain

 

 

 6月中旬、 ようやく買主が見つかり、

友人である司法書士の指導を受け、道の生保担当者に連絡しながら、Aの代理人的立場で交渉を進めた。

 

 生活保護は市がその決定権と保護費用を負担するので、
A市で保護対象にならない人が、B市で保護対象になることも有る。


町村の場合はこれら一切を都道府県が行うのが基本。

 

f:id:isourounomitu:20190820001301j:plain

踊子草

 

 時折面倒を見ている身内は遠くに住み、この類の知識も無い。
 住居を手放す、施設に入所するなどの大きな決断の時は、身内の他に、信頼関係のある第三者が寄り添うことが望ましい。 ~ 私の持論


 わがままな性格のAに身内が対応しかねるだろうと考え、Aを知る私が引き受けた。

 

f:id:isourounomitu:20190820001351j:plain

イヌノフグリ

 

 具体的な交渉・手続きを進めていくと、
予想通り、Aはいろいろと未練が出てきて、会うたびに思い出話を言い続ける。


私は彼の心境を察しながら相槌を打つだけしかできない。

 

f:id:isourounomitu:20190820001449j:plain

フウロ


 そして、思いつくままに細かな要望を言う。
○○をBに、○○をCに・・・と、


 お世話になった人たちに何かをお返ししたい気持ちで、財産別けのように言うが、


 ほとんどが必要としない物で、相手にとっては有難迷惑な品々。

 

f:id:isourounomitu:20190820001644j:plain

知床イワヒゲ

 

 一方、事務手続きでは権利書が見つからず、印鑑登録もなく、各種の住所変更手続きもしていなくて、Aの身分証明になるものもない。


 そんな売買契約以前の手続きで、あっちこっち動き回り手間取ってしまった。

 

 それでも、一つ一つ本人と身内に了解を得ながら、7月下旬にようやく売買の全てを終えたのだが、
疲れる長い長い日々であった。

 

f:id:isourounomitu:20190820001744j:plain

ムシトリナデシコ

 

 ちなみに、売買収入があったのだから当然に保護は停止され、
国民健康保険の対象になり、減額されていた施設の負担なども通常の額となる。


 その金を使い切れば生活保護は復活するのだが、
その時また事務手続きで動かなければならないのだろう。

 

f:id:isourounomitu:20190820001848j:plain

ボンバナ

 

 金が無いから施設入所できないと悩んでいる方が多いようで、時には自殺する場合もあるようだ。


 施設が示す本人負担額は、それなりの所得がある人を対象とした基準額であって、
介護度と所得により負担額は異なる。


 その最低基準の負担額も払えなければ、生活保護で対応できる。

 

f:id:isourounomitu:20190820001939j:plain

 

  法には但し書き(特例)が多いので、概要表現の本文は参考程度にとらえ、

具体的に知りたいことがあれば、行政の担当者や司法書士などの専門家に相談しながら進めていただきたい。


 いずれにしても、一人悩まずに。
知らない者とわからない者で相談することは、
時間の無駄であり、時には間違った解釈で悲惨な結果を招くことも有るのでご注意を。

 

f:id:isourounomitu:20190820002149j:plain

ナデシコ

人は大義を成さずとも、心ある行為をしていればそれで良いのではないか。

f:id:isourounomitu:20190815230311j:plain



(台風被害が少なくなるように願いながら)

 

 近所の庭で花の写真を撮らせていただいていると、
今年は花が咲くのが遅いようね、言われた。


 昨年と比べれば冷夏ではないが、日照不足によるものだろうか。

 

f:id:isourounomitu:20190815230626j:plain


 最近アゲハ蝶を見ましたかと問うと、
まだ一度も見ていないとのこと。


 私は野原の遠くに2度ほど見ただけ。

 

f:id:isourounomitu:20190815230708j:plain

(昨年の写真)


 数年前から小さな野鳥が減ってきているように感じているが、カラスなどの仕業と思われる。


 幼いスズメは数年前から、特に今年は非常に多いのは確かだ。


 チョウの幼虫がみんなエサになったのだろうか。

 

f:id:isourounomitu:20190815230751j:plain


(トンボは通常に出てきているよう)

 

 昨年の強風による大量の倒木や、雨量不足、日照不足など、天候や自然災害の影響も大きいのだろうと、


のんびりしたことを書いていると、今回の台風を含め、被災地の方々から怒られるかもしれないが。

 

f:id:isourounomitu:20190815230840j:plain

(8月2日遅くなった麦の収穫)

 

 10号台風が当初日本海に抜ける可能性を願っていたが、まともに直撃している。


 最大1200mmの雨量などと天気予報を見るたびに恐ろしく思う。


 遠くから心配しても何の足しになるわけではないが、心配しないではいられない。

 

f:id:isourounomitu:20190815230928j:plain

 

 どのニュースも韓国との問題が取り上げられているが、
今は台風10号についての情報が流れている。


 切羽詰まった難題に知恵を絞り対処するために必要な情報であるから当然の事だろう。


 今回は、交通関係などの対応が良く思う。

 

f:id:isourounomitu:20190815231006j:plain

 情報を得て、行政や公の機関がそれなりに対応し、個々人が協力しながら対応すれば少しでも被害は少なくなる。


 これらの思い・行動が、終戦記念行事の趣旨につながるところもあるように思うのだが。

 

f:id:isourounomitu:20190815231034j:plain



 悲惨な戦争を起こしてはならないと、歴史を学び、それぞれの式典などに参加することは良いこと。


 では、その後どのように反戦活動をするのか問われて、どのように答えるのだろう。

 

f:id:isourounomitu:20190815231105j:plain

 一般人にできる、反戦に直結する行動は無いように思う。
 人とは、生きるとは、命とは・・・と考え、語り合うことを否定はしないが、

 

f:id:isourounomitu:20190815231155j:plain

 困ったら助けを求める意思表示ができて、
困った人がいれば手を差し伸べる。


 直感的に思い行動すること、人を想うささいな行為が、反戦活動の基礎となると、私は勝手に思っている。

f:id:isourounomitu:20190815231239j:plain

 

七夕も盆踊りもいずれ無くなるだろうか。

 

f:id:isourounomitu:20190810211447j:plain

 北海道の多くは8月7日、柳の木に七夕飾りをしていたが、今や自宅で七夕飾りをする者はいないようだ。


 一部の福祉施設や客相手の事業所で、形を変えた飾りをまれに見かける程度。

 

f:id:isourounomitu:20190810211534j:plain

(子供たちは別れてそれぞれのルートを歩く)


 数人の子供集団が、提灯にローソクを灯し、


 ローソクだ~せ だ~せ~よ♪
   だ~さ~ないとカッチャクぞ~♪
    お~ま~け~に食いつくぞ~♪(こんな歌詞だったかな)

 

と歌いながら顔見知りの店を回り、

ローソクやお菓子などを競い合ったものだ。

 

f:id:isourounomitu:20190810211654j:plain



 今は、保育園が行っているだけ。
保育園と交流ある商店も廃業してきて、

お菓子を提供するところも少なくなったので、私も提供しているのだが、
この行事もいずれ無くなるのだろうか。

 

f:id:isourounomitu:20190810211733j:plain

 

f:id:isourounomitu:20190810211743j:plain




 我が町は3地域で市街地を構成しており、各地域で盆踊りをしているが、
今年からは各地域1日だけの盆踊りとなる。


 数十年前から盆踊りは惰性的なものとなってきており、
これも時の流れと言うか、よく頑張っているほうだろう。

 

f:id:isourounomitu:20190810211819j:plain



 私が商工会に携わっていた頃、農協に協力を求めた。
「盆踊りはお盆だからお寺に頼んだら」と笑いながら言われたが、


「盆踊りの歌は豊年(豊作)を願うものだから農協も関係ないわけではないでしょう」などと説明しながら、町の状況などを懇談し、農協の協力を得た。

 

f:id:isourounomitu:20190810211901j:plain



 その協力もいつの間にか無くなって、これまでそれなりの工夫をしてきたようだが、ビンゴ抽選会で何とか人集めをしている状態。


 主催は商工会であるが、各自治区(町内会長)も手伝いなどの協力をしている。

 

 

商工会(主に町村)と商工会議所(主に市)は設置基準と一部権限等に違いがあるが、利用者からするとその差異はわからない。

利用者がタクシーとハイヤーの呼び方の使い分けをしないようなものか。

 

f:id:isourounomitu:20190810212026j:plain

(子供たちよ、歩くのはつらいかな)

 

 カメキチさん( id - kame710 ) じゃないけど、

座り続けるのもきついが、

立ちっぱなしの5時間は非常にきつい。


どれもこれも、続けることはきつくてつらい。

『継続は力なり』ではなく『継続は病の元

 

 

f:id:isourounomitu:20190810212258j:plain



 減った盆踊りの日の代替として、商工会青年部がバンド演奏とビールパーティの様なものを試みるようだが、


職場の飲み会や付合いなどを拒否する若者が増えている社会現象にあって、

人を集めること自体に無理があるようにも思う。

 

f:id:isourounomitu:20190810212333j:plain



 これらの行事が無くなっても、生活に何ら影響は無いのだが、寂しい想い。


 風習的文化や文化財は、時の流れで消えていくものなのだろうと、老体は外目で思う。


 七夕も、盆踊りも、特別な地域の行事として引き継がれていけばそれで良しか。

 

f:id:isourounomitu:20190810212405j:plain