読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささいなことから自分の世界に入る小学生だった。

  春の花とともに、子供の頃に考え込んだことを。

 

 前回のブログで述べたように、小学校の頃の私は先生の一言に思いを巡らせ、授業を聞いていなかったことがよくあった。

 

クロッカス

f:id:isourounomitu:20170426163348j:plainf:id:isourounomitu:20170426163420j:plain

 

・光は1秒間に地球を7回半回る・・・と先生は言った。

 

 その授業中に色々考えたが、地球を回る光は思い浮かばなかった。

夜に懐中電灯を照らしたが、振向いても光は戻ってこなかった。

教科書には、『回る程の速さ』と書いてあった。

先生は『程の』の一言を抜かして説明したばかりに・・・。

光は直進するから、当然に地球を回らない。だから『程の』は省略できると言う考えなのかと今でも思うのだ。

 

クロッカス

f:id:isourounomitu:20170426164054j:plainf:id:isourounomitu:20170426163650j:plain

 

・授業に入る前に、「殿様は鮃(ヒラメ)をひっくり返さず、白い皮のほうだけを食べていたから、白い魚と思っていた。そして、美味しい黒い皮の方の味を知らないで終わった。」

と小学校の先生は言った。

 子供のころから、黒い皮の方がおいしいことを知っていた。

 黒い皮の方を上(表面)に、頭を左にして盛り付けすることが基本であることも知っていた。

 先生が言ったことは事実か? 作り話か? なぜ授業中にこんなことを言ったのだろう?・・・と考えていたら授業は終わっていた。

 母に聞くと、「鰈(カレイ)の場合に限り、頭を左にすることを優先して白い皮を上にする盛り付けもある」とのこと。

 先生は鰈を鮃と間違ったのか? 思い付きの作り話か? いまだに疑問のまま、そして時々思い出す。

 

クロッカス          スイセン

f:id:isourounomitu:20170426163616j:plainf:id:isourounomitu:20170426164441j:plain

 

・先生がチョークで黒板に『点』を書いた。 点を続けて『線』をつくった。 線を並べて『面』をつくった。

 授業が終わって黒板の前で見ると、『点』は『面』だった。

数日の間、このことを考え続けて、

  1. 点も線も全て『面』だ。 もし『点』と表現するのであれば「1㎟の面を点とする」など単位表示が必要と思った。
  2. 面と面が接するところが、『線』あるいは『点』と考えた。 

 子供なりの結論が出るまでの間、ほとんどの授業は上の空であった。

 

 これでは成績が悪くなると思いながらも、4年生ごろまではこんなことを繰り返していた・・・今も時々。

 私の楽しい空想の世界であり、それは同時に、先生の教え方に対する不満でもあった。 

だが、私の先生たちは面倒見がよく、嫌いな印象はなかった。

 

日陰で咲いている福寿草(今回掲載の写真は5月24日撮影)

f:id:isourounomitu:20170426165733j:plainf:id:isourounomitu:20170426165800j:plain

 

 なぜ唐突にこんなブログを書くのかと思われるだろう。

 どうしてそんな発想になるの?・・・とよく言われる。

 それは最近愛読し始めた、宇理さん(Id : uriuribou)の教え方の素晴らしさを感じていたら、子供の頃の勉強を思い出したから。

 

 

 

高齢者向きの文書は難しい。

 Hatenaブログを開いたとき、

 画面右上に表示されるメールマークの所に出てくる『あなたへのお知らせ

 「私のコメントに○○さんが☆をつけました。」とあるのでそこを見ると、私のコメントさえ消えていることがしばしばある。

 許可されてから表示されるところであれば理解できるのだが、たまたま見たら自分のコメントがないとき、『公開する』を押さなかったのか?・・・認知症に?・・・なんてふと思うものだ。

 自信がなく、先ず自分を疑ってしまうこの頃。

 

f:id:isourounomitu:20170421173848j:plain

 

 互いに認知症の不安を感じている町内会での発言や回覧文書の作成は疲れる。

 文書を最後まで読む気が無く、表題や文章の途中で結論付けて誤解するようなことが、個人差はあるが、高齢になるとそんな傾向が強くなるようだ。

 「○○ではなく、△△です」の表現では、○○が記憶されるから、「△△です。○○ではなく、△△ですよ」のように表現しなければならない。

「 、 。 」を多く使い、色や囲みも使い、かつ短文で表示しなければならないことは、表現力の乏しい私にとっては苦痛である。

 

f:id:isourounomitu:20170421173919j:plain

 

 時候の挨拶から始めるものなら、大変なことになる。

天気が・花が・体が・嫁が・・・の思いが駆け巡り、本題を聞く耳を持たない。

特に女性はこの傾向が強いようだ・・・中年の頃から?

 ところが、小学校の頃の私自身がそうだった。

先生のチョットした発言を考え込んでいるうちに授業が終わることがしばしばあった。

 だから、本題を聞く耳を持てなくなる気持ちはわかる。

f:id:isourounomitu:20170421173955j:plain

 

 秋植え小麦の、わずかな緑を除いて、私の周りを地味な色の土が支配している。

風景を見るには一番悪い時期と思う。

 冬の鳥たちも去り、たまたま写せたコガラ(北海道にだけ住むハジブトガラではないと思う~私には判断ができない)

f:id:isourounomitu:20170421174039j:plain

 

今日も雪が降りました。

除雪関連の道具はもう手元にない。

車の窓に積もった雪を手で払うのはとても冷たい。

ここ数日、各種書類作成や文書の作成で疲れている。

更新しようと思いながら、ブログも前回から1週間がたった。

今回は先月撮影した写真を添付してしのごうか。

以前にもそんなブログを発信したような気がするが、

取りあえず皆様にご挨拶。

コハクチョウ

f:id:isourounomitu:20170414003312j:plain

マガン

f:id:isourounomitu:20170414003326j:plain

f:id:isourounomitu:20170414003340j:plain

f:id:isourounomitu:20170414003356j:plain

f:id:isourounomitu:20170414003407j:plain

光線の関係で白くないですがコハクチョウです

f:id:isourounomitu:20170414003420j:plain

f:id:isourounomitu:20170414003436j:plain

山奥の夕陽~地面は雪 3月20日撮影

f:id:isourounomitu:20170414003447j:plain

春を感じると、冬の小鳥たちは去っていた。

 先日A女史の紹介で、野鳥などで超有名な写真家、嶋田忠氏が運営するCAFEandGALLERYに行ってきた。

 千歳市市街地から支笏湖千歳市)に行く途中の、自然豊かな道道沿いにあり、小さなギャラリーと野鳥が間近に見られる軽食喫茶。

  窓越しに野鳥を見ながらコーヒーを飲むのだが、奥は写真撮影用の小部屋で窓ガラスが無く、覆われた模造葉っぱのすき間からレンズを出し撮影するようになっている。

ゴジュウカラ

f:id:isourounomitu:20170407021403j:plainf:id:isourounomitu:20170407021440j:plain

 

自然林まで10ートル以上離れているが、餌場は数メートルの近い距離で、レンズの選択に苦慮するところである。

 野鳥の数の割にはエサが少ないせいか、小さな小鳥たちは大きな鳥のわずかな合間に餌場に近づく。

エナガ

f:id:isourounomitu:20170407021552j:plainf:id:isourounomitu:20170407021636j:plain

 

 苦労なく写真は撮れたが、野鳥の自然な姿は撮れなかった。

皆さんは数時間粘るようだが、こんな写真の撮り方でいいのかと感じながら、寒さに弱く根性のない私は1時間強でその場を去った。

 コゲラ

f:id:isourounomitu:20170407021744j:plainf:id:isourounomitu:20170407021831j:plain

 

 日本を含め世界各国が不穏な状況にあることを知りつつ、趣味に高じている自分。

 野鳥たちは自由な外にあり、私はオリの中にある。

 動物園の動物から見ると、見物客がオリの中にいると思っているという持論を聞いたことがあるが・・・中と外の定義をふと思った。

 コガラ

f:id:isourounomitu:20170407022009j:plainf:id:isourounomitu:20170407022103j:plain

 

 話は変わって『堤防の内と外』を皆さんご存知であろうか。

堤防の中の草刈りをすると言われたとき、貴方は川の中や周りの草刈りをイメージするでしょうか。

 川の手前の土手と、川の向こう岸の土手(堤防)、この堤防にに挟まれた(川が流れている)所が土手の外(堤外)なのです。

 

 例年は4月中頃までいる白鳥・・・今は田んぼにはもう雪が無くなり、多くの白鳥たちは去っていた。

 冬の小鳥たちも姿を消し始めている。

春が来ている・・・? かな?

 アカゲラ

f:id:isourounomitu:20170407022344j:plainf:id:isourounomitu:20170407022414j:plain

 

 3月21日のブログで「春が近づいている」と言った2日後に大雪。

その後もわずかであるが3回ほど雪が降った。

だから「春です」とはなかなか言えない。

 「春ですがとても寒い」と言えるが、「春ですが雪が降っています」なんて言うと、「雪が降っていれば春ではないだろうと」言われそうだから。

 そんなこともあり、春や秋に南に住まいの人へ手紙を出すとき、時候の挨拶に悩むことがしばしばある。

 『風の盆歌』と言う高橋治の小説や石川さゆりの歌で表現されている、『酔芙蓉スイフヨウ』という花に魅力を感じて、北海道で露地栽培に挑戦したA女史は、3・4年目でようやく開花に成功した。

f:id:isourounomitu:20170401003525j:plainf:id:isourounomitu:20170401003605j:plainf:id:isourounomitu:20170401003641j:plain

 朝↑(1日限りの花-奥は昨日の花)昼↑     夕方↑

 

 私より3歳年上のA女史は、お嬢さん大学の芸術学部卒業であったが、名もなき陶芸家と結婚し貧困生活を続けていた。

 幼い子供が「○○ちゃんの家では・・・、△△ちゃんの家では・・・」と、自分の家庭の貧困さを訴えた時「そのお母さんたちは、手の上に小鳥をとめられるか」と言ってその場をしのいだそうだ。

 自然豊かなところに住んでいた彼女は、手のひらでヤマガラにエサを与えていたとのこと。 

f:id:isourounomitu:20170401004149j:plain ヤマガラ 

 陶芸家の旦那さんも名が売れて、彼を師事した陶芸家たちも活躍し始めたころ、私の近くの町に住まいするようになってからのお付き合いであった。

 それから数年して旦那さんは62歳の若さで他界したが、彼女は今も自然豊かなところで暮らし続けている。

 

 ヤーコンの花を教えてくれた。

 北海道ではヤーコンの花が咲く前に秋が来るので、当たり前に見られる花ではないそうであるが、その頃からの異常な夏の暑さで見られるようになったと、温暖化の影響を知った。

f:id:isourounomitu:20170401004834j:plainf:id:isourounomitu:20170401005154j:plain

 ヤーコン    ピーヒョロ~傷のような白い線は魚の汁

 

 トンビのひなを育てた。

 高い木の巣から落ちて(追い出されて?)いたヒナを、脚立で届く付近にザルでつくった巣に入れたが、親はエサを与えないのでそのヒナを「ピーヒョロ」と名付けてエサを与え続けた。

 親は見守るだけだったが、羽ばたくころには近づくこともあったそうだ。

 ピーヒョロは巣から飛び立ってもエサをねだった。

A女史は半分に切った魚を上に投げ、落ちた魚をピーヒョロは一瞬のうちに持ち去り木の上に戻る。

 そのエサやりを徐々に少なくして自然に戻すのだが、翌年ピーヒョロは子供を連れてやってきてエサをもらっていた。

これが3代続き、A女史は孫たちにとピーヒョロの絵本を作った。

私はこの絵本を思い出しては読むことがある。

 

f:id:isourounomitu:20170401005826j:plainf:id:isourounomitu:20170401005851j:plainf:id:isourounomitu:20170401005937j:plain

↑ マユを作る白髪太郎 ↑ネグラの透かし俵 ↑産卵~そして死

 『楠蚕クスサン』の一生を知る。

楠蚕は夏の一時期街路灯の下で舞う嫌われものの蛾。

その成長をカメラに収めることができた。

「白髪太郎」は戦時中マユを活用された。

そのマユでねぐらを作った「透かし俵」

クスサンは口が無いので、産卵後餓死する。

 

 雪虫はヤチダモの木で越冬する 

f:id:isourounomitu:20170401011705j:plainf:id:isourounomitu:20170401011734j:plain

ヤチダモの木↑ 黄色の枠「コケ」を拡大↑5ミリほどの雪虫

 

 これらのほとんどは過去のブログで掲載したものである。

 A女史は自然を愛するが、周りに与える影響に配慮している。

 だが、農業経験が無い自称芸術家達が、自然を守ろう・無農薬野菜だと野菜作りをして、そこから発生する害虫に周りが被害を受けている。

 そして彼らは失敗し、迷惑をかけたまま去っていく。

 古民家を壊さないでと、画廊を開く、軽食喫茶を開く・・・

雨漏りがすると去っていく。

 彼らは現実を知らず、思うままにチャレンジし去っていく。

芸術家モドキは迷惑をかけるが恨めない。

  売れていない芸術家は、芸術家モドキというのか。

音楽関係から、小説・写真・陶芸・書道など、それに打ち込む者が己を○○家と言う。

 作品がさほど売れなくとも陶芸家であり、趣味でつくった器がいくら売れようが素人。

 

シジュウカラ

f:id:isourounomitu:20170328010958j:plain

  

 作品作りに没頭し、職業を陶芸家・作家などと表現するのはその人の勝手であるが、多くの人は脱落していく。

 社会的にも評価され高収入を得ている芸術家の多くも、名も売れていない頃の生活は大変で、身内をはじめ多くの方々の援助があっての結果であろう。

 起業家にも似たところがあるのだが。

 

f:id:isourounomitu:20170328011037j:plain

 

 画家や陶芸家が自然を求めて田舎に住み着く。

人口減少で悩む行政や心ある住民はこれを歓迎し、その生活に援助する。

 そして借金や多くの人に迷惑をかけて去っていく。

 3人の芸術家の後始末をしてからは、そんな芸術家なる者とはかかわらないようにしている。

 

f:id:isourounomitu:20170328011107j:plain

 

 彼らの多くは、一般人の社会・経済生活観念の常識は通用しない。

一般人でも、自分の好きな事にはふんだんに金をかけて、借金をしまくり税金も滞納する者がいるが、これとは質が違うようだ。

 芸術家なるものは、その芸なるものに没頭しその世界に入り込むから、一般人が考える心配を感じていない。

 

f:id:isourounomitu:20170328011133j:plain

 

 札幌芸術の森に行ったとき、遠くから私を呼ぶ者がいた。

私が後始末をした陶芸家であった。

「久し振りですね、講師をしていたら顔が見えたので授業を中断してきました」と。

普通なら、私から隠れるところが、向こうから声をかけてくるとは何だこいつはと思いつつ恨めないのである。

 自称芸術家なるものは困った人種であるが、一般人ができない生き様に魅力を感じるのだろうか。

 

f:id:isourounomitu:20170328011208j:plain

 書こうとした内容の前段が長くなったので、今回は前段で終えよう。

 書こうとしていることがまとまらないと、前段が・意味のないことをダラダラ書くことになるようだ。

写真を多く掲載しまして御勘弁願います。

 

f:id:isourounomitu:20170328011238j:plain

 

f:id:isourounomitu:20170328011327j:plain

夕陽

f:id:isourounomitu:20170328011408j:plain

北海道でも春が近づいています

   美しい花の写真で春を知らせてくれるブログは、気持ちをワクワクさせてくれる。

 それらの花は、北海道では初夏の花。

 

雪解けに合わせて咲く、福寿草

f:id:isourounomitu:20170321173751j:plain

f:id:isourounomitu:20170321173929j:plain

 

 北海道では雪解けを見ながら春を感じる。

 

 屋根の雪が氷となり、陽ざしを受けて融ける姿が春の訪れを感じさせる。

f:id:isourounomitu:20170321174010j:plain

f:id:isourounomitu:20170321174501j:plain

 

 いずれは解ける雪なのだが、暇つぶしにするのが雪割だ。

毎年、家の前の雪割をしながら地元高校の野球中継を待つ。

だが今年はすでに家の前に硬い雪は無い。

      雪割・・・積み重なった硬い雪を、スコップなどで 

           崩し広げて雪解けを早める。

 

コハクチョウの先発隊も雪解けに合わせている

f:id:isourounomitu:20170321174614j:plain

f:id:isourounomitu:20170321174746j:plain

 

 明日は野球を見て1日が終わりそうだ。

これを暇人の幸せな1日と言うのか。