読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方選挙を終えて

選挙は結果が出るまで分からないと言うが、

意外な得票数・意外な落選は分析するとなるほどとわかる。

選挙運動をして、前回と雰囲気が違うと感じた場合、

前回よりも数十パーセントで票が動く。

前回落選者や前回新人で大量得票した者が出馬した場合、

同情票が予想を超えるほど動く。

複数の候補者選対の情報を分析すれば、

特に選挙戦後半の状況を分析すればおおよその結果がわかる。

だが地方選挙の多くの選対は、選挙期間中にはこの分析が出来ていない。

候補者や運動員の親族関係。挨拶が無い、奥さんがどうだ等のプライベートのことが

重要視され、議員活動の評価は判断材料にはならない。

田舎町では今後もそのような選挙が続くだろう。

これが田舎の良さかもしれないのだが。

 写真①大正18年メーデ(大阪中の島公園) ②大正19年おはらめ

f:id:isourounomitu:20150430214830j:plain

f:id:isourounomitu:20150430215848j:plain