読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミヤマホオジロとシメの写真

森友学園の申請取下げ会見を、覆いかぶせるようなPKO撤収発表。

成果を上げた区切り(成しえた・間違えではなかった)としての撤収であると、記録に残したい願望は、政治や組織の上に立つ者が抱く常識・・・そこに良識は無い。

 

f:id:isourounomitu:20170312015113j:plain

 

 撤収発表が解禁のように、戦闘状態が続いている・隊員の精神的ケアが必要・・・なんていうことが多彩にマスコミ報道されている。

以前から得ている情報を、国会で論議しているときに発表しろよと思うが、これも事実上の言論統制の姿なのか。

 こんなことをちょっと発信して、お粗末な政治関連の案件に嫌気を指している自分を落ち着かそう。

 

f:id:isourounomitu:20170312015237j:plain

 

 出来事の記憶はあるものの、その日にちを覚えられない私も、震災が3月11日であることは忘れない。

10日が妻の誕生日で12日は私の誕生日だから。

年度末で現職の時は忙しかったのはしかたがないものの、退職後もいつも誕生日付近に行事や用事が集中する。

 だからイベント的誕生祝は計画倒れで、形式的内容でそれも3月中旬ごろまでにできれば上出来。

 

f:id:isourounomitu:20170312015317j:plain

 

知人の葬儀から昨日妻が帰ってきたので、すぐに外食をして二人の誕生祝とした・・・今日も用事が。

ブツブツ言っていた妻も近年はこれで満足するように心がけているようだ。

 

f:id:isourounomitu:20170312015354j:plain

 

 今回掲載している鳥は『ミヤマホオジロ

いつもお世話になっている方から、初めて見る野鳥が来ているとの連絡で、数日通ってやっと撮った写真。

北海道ではなかなか見られない、スズメよりも少し小さい小鳥。

警戒心の強さは半端ではなく、そばにスズメなどがいると出てこない。

何かの音や動きがあるとすぐに木の茂みに隠れ、1時間以上出てこないほどで、掲載写真は私の腕では精いっぱいの写真。

大木に隠れながら、600mm望遠三脚無で撮影

 

f:id:isourounomitu:20170312015426j:plain

 

以下はシメ、スズメよりも一回り大きい

 

f:id:isourounomitu:20170312015517j:plain

f:id:isourounomitu:20170312015547j:plain

f:id:isourounomitu:20170312015619j:plain

f:id:isourounomitu:20170312015646j:plain

f:id:isourounomitu:20170312015717j:plain

f:id:isourounomitu:20170312015735j:plain

 

 

 

 

 

 

生産者や事業者を守るための適正価格を

 今回は久しぶりに撮れたアカゲラをご覧いただきながら。

 

 宅配業者の厳しい現状がテレビで放映されていたが、宅配料金や配送方法の改正をしようとすることは私なりに理解できる。

 ハガキなど一部の郵便料金が改正されることもやむを得ないものと思う。

 

 30m程離れてた木の上で真剣なアカゲラ

f:id:isourounomitu:20170303235747j:plain

 

 配達時の受取人不在と都市部の駐車場の問題が大きいようだ。

配送業で働く姿を見ているから、配送業も事実上のブラック企業に入るのではないかと心配している。

 私は、配達がある時間帯は留守にしないことは当然に、お礼と励ましの声をかけて飲み物を渡すことにしている。

 

 いつもタムロするヒヨドリにとっては邪魔者

f:id:isourounomitu:20170304000104j:plain

 

 通販で物を取り寄せるとき、配送料金がかからないように工夫することは消費者として当然のことだろう。

買い物をするとき、少しでも安いものを選ぶことも当然の事。

 だが、生産者や配送業者の苦労に見合った価格設定の保障を無視しすぎた経済構造になってしまっているように思う。

 業者が合理化を図ることにも、労働者が切磋琢磨することにも限度がある。

 

 何か文句あるかと言っているような

f:id:isourounomitu:20170304000300j:plain

 労働基準法で1週40時間以内、1日8時間以内や、超過勤務(時間外労働)時間、有給休暇等が細かく規定されている。

 国民の祝日に関する法律で、国民の祝日は休日とすることが決められ、祝日と日曜日のダブりも解消されている。

 そしてプレミアムフライデーが今回新たに加わり、表面上は過剰労働の解消を進めているかのようだが、現実の労働環境は益々厳しくなっているのが多くの職場の現状だろう。

 

にらみ付けるアカゲラと、近寄ったものの知らないそぶりのヒヨドリ 

f:id:isourounomitu:20170304000415j:plain

 突き詰めれば、世界の経済競争に勝つためとの号令から始まった、大手企業の育成(中小企業の淘汰)と極端な価格競争を目指してからの結果だろう。

 公共事業でもそれが行われ、業者を決める入札では、最低価格を提示した事業者が仕事を受け、結果として下請け業者に対して度を超すしわ寄せや、手抜き工事が発覚することとなった。

 現在は最低価格を決め、安すぎる価格を排除することになっている。

     最低価格方式の入札は、材料費などの単価や計算式が   

     決まっているので、ほとんどが同額見積もりになり、  

     クジ引きで業者を決めることが多くなった。

     現在は発注者が内内で決めた業者の信頼度を優先順位  

     として決定されている。

     当然に大手の信頼度が高くなっているものであるか 

     ら、これを私は良しとする考えではないが参考まで 

     に記載。

 

仲間が集まるも互いに無視

f:id:isourounomitu:20170304000640j:plain

 

 貸切バスの事故が頻繁に起きたことから、労働者の環境整備と適正価格で営業できるように規制することになった。

 すべての業種にも適正価格の法的規制をかけなければ、労働者の心身の健康も経済的環境も、生活そのものが成り立たなくなり、事業者もつぶれていくこととなると危惧している。

 あるいは、材料のごまかしや手抜きが蔓延する中国と同じことが、すでに闇の中で起きているように思えてならない。

 

アカゲラのお腹

f:id:isourounomitu:20170304001137j:plain

 

 

雪解けが始まっているものの、氷点下の生活は続きます。

  日中の気温で解け始めた雪が、夜に凍って早朝にはツルツル路面となる。

この繰り返しをしながら雪解けとなる。

解け始めた雪は汚れもあって、パウダースノーには程遠い。

新たに降った雪がこれらをおおって、純白の世界を復活させる。

雪国で生活する者に、これを綺麗だと感じるゆとりは無い。

 

新たな雪が降って

f:id:isourounomitu:20170226193821j:plain

 

 3度℃程度で、日が差せばマイナス2度℃程度でも、目で確認できるほどに雪が解けはじめる。

 

氷で覆われた沼は、動物たちの近道。

f:id:isourounomitu:20170226193917j:plain

 

 野鳥にカメラを向け1時間以上粘るのであるが、右手は手袋をはかず(北海道では、手袋も靴下もハクと言う)、じっと立っているのだから冷え切ってしまう。

 家に戻ると、すぐに手と顔をお湯で温める。

ソファーでお茶を飲み、テレビを見ていると体が温まり、いつのまにかうつらうつらと幸せを感じながら寝てしまう。

 

初めてカメラに収めた小鳥、アトリと思うのですが?

f:id:isourounomitu:20170226194008j:plain

 

最近、腕と腰に違和感があるようだが、パソコンの使用量が増えたこともないし、力仕事もしていない。

色々考えてふと思い、カメラの重さを量ったら2,800g。

三脚を使わないから、私にとっては相当の重労働になるのだが、夢中になると重さも気にならないものだと改めて認識した。

 

アトリ?

f:id:isourounomitu:20170226194050j:plain

 

 それにしても、ブログからの花のたよりに羨ましく思う。

北海道では5月連休前に桜と同時に咲く梅が、すでに満開が終るとは・・・花札でも梅は2月か。

夏に見る花が今咲いていることに別世界を感じているこの頃。

 

アトリ?

f:id:isourounomitu:20170226194144j:plain

名称や数字に無頓着な私は、ブログでそれを意識するようになりました。

  小鳥たちが一斉に松の茂みに隠れた。

フワーっと降り立った黄色の目と口ばしは猛禽類、名前はわからない。

同じ木の反対側の枝で、3羽の小鳥が戯れている。

猛禽類ではないのかと思っているうちに、飛び立った1~2分の出来事。

 

 後に調べると『ハイタカ』のように思われるが確信はない。

20日の夜8時からNHKのBSでハイタカに関して放映されるようだが、それを見てもおそらく、ハイタカか否かの判断は出来ないだろうと思う。

 

ハイタカ??

f:id:isourounomitu:20170219011740j:plain

 

 一枚の写真をもとに、群衆の中からその人を選び出すコンピューターの認識力のすごさ。

私は、服装が変わると、髪型が変わると別の人と認識する。

認識能力が劣っていることに加えて、関心がないことだろう。

 

 花や小鳥、物、そして人の名前も覚えられないし、覚えようと試みもしない。

 それなりの立場にある人や、芸能人に会う機会が時たまあるが、懇談中に取り巻きに何度も名前を言わせて、そのうちに覚えてその場をしのいできた。

 金額や電話番号、車のナンバーも同様で、支払いをした時点でその金額は忘れる。 新車のナンバーを聞かれたら、しばらくは取り巻きに答えてもらう。

 

 これらの事はどうでもいいことと思っているのだが、社会的交流においては必要なことであり、取り巻きに助けられてそれなりの生活ができたことに感謝をしている。

 

f:id:isourounomitu:20170219011933j:plain

 

 写真は自分の気持ちで作品名を付けるので、小鳥や花などの題材名は不要であるが、ブログではそうはいかないようだ。

だから可能な限り名前を調べるようにしているが、時間をついやして結論が出ないのはつらいものがある。

綺麗と感じれば、可愛いと思えば名前なんてどうでもいいじゃないかと内心は思っていながら調べている。

花や生き物、食べ物などの名前をきちっと書いている方々はすごいといつも思っている。

 

f:id:isourounomitu:20170219012102j:plain

 

 この文書は明日読み返すとボツになりそうなので、このまま発信しよう。

自分の愚かさを一度あからさまにして、すっきりした方が良いように今は思うから。

はい、酒は飲んでいます。

毎夜ウイスキーを飲みながら一日を振り返っていたが、最近はただ飲むだけの毎日。

 

f:id:isourounomitu:20170219012138j:plain

 

北海道の雪はまだ深いです

f:id:isourounomitu:20170219012220j:plain

定義や数値をうまく利用するのが行政の手腕なのか

  ようやく行事、雑用の区切りがついて、野鳥を求めたが雪山では見られない。

 仕方なく近所の餌付けをしている所で写した。

ヒマワリの種と米が主体なので、集まる小鳥の種類は少ないが、しぐさが可愛くて指が冷たくなるまで楽しんだ。

枝の陰になるのでこれという写真は撮れなかったが、しばらくはこれらの写真から掲載しよう。

 

今回はスズメ特集

f:id:isourounomitu:20170214105836j:plain

 

 PKO派遣において、現地は戦闘状態か否かが論議されている。

 最初に派遣された自衛隊員の心境は大きく変わった。

 彼らの家族複数とは交流があったので、心配する言葉をかけようとすると、他の隊員の妻からそれに触れないほうが良いと言われた。

 派遣されることの心配よりも、内心は収入が増える喜びの方が大きい人もいたからだ。

 

 彼らが任務を終え帰ってから、派遣中の現況などを一切語らないが、疲れ切った様子はうかがえる。

マスコミでは取り上げられていないが、私が聞く範囲では帰還した隊員の数十名が精神的治療を受けている。

 現地が戦闘状態ではなく、小競り合い程度で精神的治療を受けることが起きるのか、そんなやわな隊員ではない。

 戦闘と言う状況ではないと言うことと、子供の自殺が起きて、イジメと言われる状況にはなかったと言う教育行政とダブって見える。

 

f:id:isourounomitu:20170214105925j:plain

 

 私は元々教育の重要性を考えていたので、ある程度は研究していたが、教育委員会の業務にはたずさわることはなかった。

 市町村の教育長は、校長や教育局の天下りが多い。

それなりの所から推薦を受けてくるのだから、事なかれ主義が多い。

 いつも碁の相手をしている教育長に「私を教育委員会に引っ張ってくれないか」と言うと「人とは、お世辞とわかっていても、持ち上げられると嬉しく可愛いものだ」と、実際は長い話の中で言われた言葉。

 要するにイエスマンでなければわざわざ引っ張らないと言うのだ。

 

f:id:isourounomitu:20170214110004j:plain

 

 イジメから起きる不登校

 イジメの定義は難しいが、不登校は字のごとくでごまかしはきかない・・・ところが、ごまかしはある。

 現在の不登校の定義は、『病気や経済的以外の理由で、30日以上(連続して)学校に来ない場合』をいう。

だから、30日以内になだめすかして一時でも学校に来たら、その子は不登校にならないのだ。

 親が知る不登校の子の数よりも、教育委員会が発表する数が少ないのはそこにある。

 

 物事には定義が必要ではあるが、その定義や数値をうまく利用するのが行政の手腕のようになっているのが残念だ。

 

f:id:isourounomitu:20170214110153j:plain

f:id:isourounomitu:20170214110226j:plain

 

結婚をする気が無いと言うことは本音なのか

 若い頃の私はいつも転職を考えていた。

事なかれ的発想が公務員の基本のように感じてこれが嫌だった。

 大学の先輩達から転職先の声掛け(〇〇のポストがあるなど)がしょっちゅうあったが、これ以上先輩たちに迷惑もかけられないと思い、そして型破りの仕事の仕方がある程度認められるようになったので、結婚する(公務員を続ける)ことを宣言した。

 家庭を持ってからの転職は困難と考えていたから。

 

どこでも見かけるヤマガラ。今回は表情を撮れたので。

f:id:isourounomitu:20170205235920j:plain

 

 何人かの女性を紹介されたのだが、草餅をちぎって食べるしぐさに生活感を感じてこれに決めたのが今の妻である。

 忙しいこともあり交際期間は半年で、数度しか会わずに「結婚するぞ」の一方的言葉で結婚した。

 

f:id:isourounomitu:20170206000126j:plain

 その当時は、恋愛結婚と見合い(紹介)結婚に分別され、すでに統計的に恋愛結婚の方が多くなり、そして恋愛結婚の方が離婚率も高かった。

 専門家なる人は、「結婚=愛と考えるか、結婚=生活と割り切るか、との相違によるもの」(私の表現が悪いところはご了承願います)のようなことを語っていた。

 

f:id:isourounomitu:20170206000233j:plain

 その後は、結婚相談所の利用や、集団見合いパーティー、そして今はネット結婚、尊敬婚などに分類されるそうだ。

これらは、冷静に判断でき、本人にとって理想的結婚になり、離婚率も低いとのことで評価されている。

 

      若い頃に年寄りと結婚し、相手が死んだら若い人と  

      結婚する。   即ち、人は2回結婚するのだが、 

      これが経済的にうまく回ると言う学説があった。

 

 最近の若い人は、結婚願望が乏しいと言われているが、

それは社会環境によるものではないだろうか?

 私の甥は工学部でありながらバイト先の女性に憧れて、その有名な衣料品業、安くて品質が良いと評価され誰もが知る所に就職した。

 東京~東北~関西~韓国~北海道・・と目まぐるしく転勤する。

1店舗の正職員は1人、多くて3人。

 3年ほどで管理職になるのだが、1人管理職だから一人ですべてを切り回し残業手当もつかない。

 甥は学生結婚を親に批判されたが、この会社では勤めてからの結婚は無理だっただろうと言う。

 勤めてから4回目の異動(3年半)までは家族で移動していが、夜中まで家に帰れず、子供の事も考え単身赴任とし、今も別居生活が続いている。

 

f:id:isourounomitu:20170206000436j:plain

 

 安くていいねと評価されている多くの店舗の従業員や、仕入先の人々は身体的に、精神的にそして経済的に限界状態。

 日本のトップレベルの企業が労災で訴えられているが、これが日本企業の現実。

 

 生活する経済的ゆとりがない。金があるが寝る間がない。人と付き合う暇がない。将来に希望が持てない・・・・

 だったら、せめて問題が起きないように、現状に甘んじて細々と暮らそうではないかと思うのであろう。

 そして、年金がどうのこうのと将来に希望が見えない現実を考えた時、結婚を考えられないだろう。

 

誰かさんがお気に入りの オシリ~かわいいでしょ

f:id:isourounomitu:20170206000540j:plain 

 たまたま好きな人がいて結婚しても、精神的・経済的に理想の生活が成り立たなくなれば離婚となるだろうし、これを考えれば結婚ということも想像すらできなくなるだろう。

 これに真剣に向き合わない政治・経済の中で、若者は生きていかなければならないのだから。

 

キタキツネ? アライグマ? の足跡

f:id:isourounomitu:20170206000722j:plain

忙しいのか? 忙しくしているのか?

   ここ数年にはなかった忙しさが続いている。

まともな会議や飲み会は6回ほどで例年と同じ程度。

単発的な打合せの来客や電話対応がいつもより多い。

互いに年老いて簡単なことも一度の打ち合わせで終わらない。

懇談後に私の言わんとすることが伝わっただろうか、

相手は他に言いたいことがあったのではないだろうかと、

別れてからふと考えることが多くなっているようだ。

知力的にも衰えてきたのではないかと、己の行動を振り返る癖だ。

だから他の行動に移行する気持ちの切り替えが鈍い。

行動の鈍さが忙しくしているようだ。

 

東に見る山(スキー場がある)

f:id:isourounomitu:20170129000335j:plain

 

 こんな合間に皆さんのブログを見るのだが、その都度中断され、そして何度もブログを開く毎日であった。

コメントをしようかなと思ってもついついできないで終わることが多い。

的確なコメントが多くあって、場こわしになってしまうのでは?と思ったとき。

自分が勝手に仲間意識をもって、コメントして誤解を与えてしまったかなと思い、反省することも多い。

だからコメントも少なくなってしまう。

コメントそれぞれに個性があり、表現力もたけている。

ブログには小説とは違う良さがあると感じている。

自分の気持ちを、思いを素朴に書いているのが良いのだろう。

こんなことを思いつつ、ブログを書く思いは起こらなかった。

 

 西に見る山(近くに湖がある)

f:id:isourounomitu:20170129000612j:plain

 

 記念に、遺影用に、との要望に写真の修整加工にも結構な時間をついやしたが喜ばれる顔で疲れは無い。

一般のスナップ写真プリントは500枚を超えただろうか。

例年の2倍くらいだが、これもようやく区切りがついたようだ。

テーブルや足元に書きかけの用紙や資料が散らばっている。

整理されるまで、あと数日かかるだろうか。

行動力の無さを感じ、反省し、そしていつの間にか昼寝をしている。

ダラダラ生活の近況報告で終えよう。

 

南西に見る山(近くに温泉がある) ・・・北にある山は10キロ先に行かなければ見えない。南は遠くに海。 我が住まいは平地のように感じるが、地理的に言うと盆地。

f:id:isourounomitu:20170129000807j:plain

 

 と、下書きを終えた後日の昨日、有名な男優Wが飛行機が予定通り飛ばないから、滞在を1日伸ばすので対応してほしいと友人に言われたが断った。

可愛がっていた子(今は2人の子持ち)との食事の約束を優先したから。

彼Wは15年ほど前に、我が町付近で映画を製作しこれに協力したのだが、お世話した仲間の子供が結婚したのを聞きつけ、家族(

5歳と幼児)も連れて旅行方々お祝いに来たのだ。

忙しいのにわざわざ来る行動力、有名人やそれなりの地位に就く人は、はわずかな時間を大切にしていると何度も実感している。

 

食事をした子の子供

f:id:isourounomitu:20170129011044j:plain

 

 ある大きなイベントに協力した時、主催者側の若い真面目な職員がいた。

数年後東京で会おうとして夜の9時ごろ家に連絡した。

子供が電話に出て、「お父さんは帰っていない」「帰りが早いの」と言う。

後に本人に聞くと、家に帰るのは毎日早朝で、職場と鎌倉の家との距離がタクシーで唯一寝れる時間だと。

その後各部署のトップを移動していたが、昨年の年賀状で別会社に移動になったとのことで、オイ左遷か?と心配したら、系列商事の社長だった。