読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非常時の心理とその対応について

前回・前々回のブログの解説を兼ねてつらつらと述べます。

高校は汽車通(電車ではなく蒸気機関車)で、すぐには帰れない。

友人が科学クラブに入ってくれと言う。

全部自分たちでするから部員のまとめ役をしてくれとのこと。

放課後の時間帯に勉強する気もないから、誘われるままに部員となる。

オタマジャクシから始まり鶏の解剖。銀鏡反応による鏡や銀細工。

血液型の検査。サイダー作りや植物採集・・・

いろいろな経験をさせてもらった。

 

ある日爆発音が鳴り響いた。

カーバイトに水を加えてアスレチンガスを出し火をつけていたが、

実験を超える量で行ったための爆発であった。

駆けつけるとビイーカーの破片で血を流す者。耳が聞こえないと言う者・・・

そこにいた者たちはぼう然としてただ立ちすくむだけ。

私はそれぞれ一人ずつに肩などに手を当て目を見て、

それぞれに具体的な指示を与えた・・・命令の口調で。

先生に知らせ車を用意すること(救急車は無い時代)

負傷者を玄関まで連れていくこと・・・・など。

ここからが、今回言わんとするところ。

負傷した女性に触れられないのだ・・・緊急よりも恥ずかしいが先に来る。

一人ひとり相手を決めて(命令し)、

おんぶや抱っこの状態まで手を取り私がするのだ。

玄関まで行くと、外靴に履き替えようとし負傷者の靴を探している。

そのまま(室内靴のまま)車に乗れと命令する。

普段土足などをしている者が、緊急時に普段の教えを思い出しそれを守る。

これが非常時の一般的な心境・行動なのだ。

そういえば、津波の警報の言葉を命令調にすべきであったと言うが、

当たり前のことだ。

消防団長だった父)

f:id:isourounomitu:20160320011102j:plain

(2月の風景)

f:id:isourounomitu:20160320011138j:plain