読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再利用してもらえる喜び

母が他界して12年になる。

その数年前から旅館業は廃業していた。

さらにその数年前から客を選ぶようになっていた。

・・・常連さんと紹介があったとき、自分の気分に合わせて受け入れていた。

そのころから、寝具やお膳などの家財を、希望者に引き受けてもらっていた。

引き取られそうもない物を壊して廃棄して母に怒られた。

また廃棄し怒られた。

これを繰り返しているうちに、兄となぐさめ役を交代にした。

母は「私が死んだらみんな捨てられるんだね」と口癖のように言っていた。

寝具・お膳・食器・調理道具・テーブル・椅子・テレビ・ストーブ・置物・・・・

大量の備品すべてを多くの人に受けてもらえた。

家を貸している期間もあるが、ようやくすべてが処理できた。

受けてくれた人の多くは、母や私の知人と生活に困っている人。

母の言葉でいやいやしたが再利用されることは嬉しいことだ。

雪解けには取り壊すことになった。

まだ使えると人は言うが、私ができるうちに処分しなければならない。

写真は取り壊される家の一部。

f:id:isourounomitu:20160226115454j:plain

f:id:isourounomitu:20160226115545j:plain

厚い雲の夕陽

f:id:isourounomitu:20160226115802j:plain