読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレミアム付き商品券に思う

全国各地で実施されているプレミアム付き商品券。

有効期限が迫っていると宣伝しているが・・・ふと思う。

都会では即完売・・・田舎ではなかなか売れない。

  (イベントのチケット販売や、券の引き換え等の場合、

   都会では「発売日や開場時間」を確認するが、

   田舎では「〆切り日や開演時間」を確認する)のとは違う

子どものいる家庭用にとの特別枠は、

さらに販売不振であった。

援助してくれるおじいちゃん、おばあちゃんが居れば別だが、

子ども世帯の多くは経済的にも、物理的にも大変な状況にある。

少しでも安いものと大型店で買い物・・・個人商店では買えないのです。

月々の収入でその都度買い物・・・数カ月分のまとめ買いのゆとりはないのです。

税金などの自動振り替えは、日中の共稼ぎ者に便利のはずですが、

子ども世帯の利用率は1割にも満たない・・・預金残が少ないのです。

   ・・・・コンビニでの納付制度は利用されています。

プレミアム付き商品券は経済的弱者には手が届かないのです。

 

高齢者の足を確保するための「地域循環バス」も同じ。

バス停までも歩けない人には利用できないのです。

   ・・・・玄関先まで行く「福祉ハイヤー」は喜ばれています。

   (「タクシー」と表現することがありますが、

    運送法からすると「ハイヤー」が適していると思います)

決してプレミアム付き商品券も、地域循環バスも否定していません。

真に困っている人の援助は、なかなか難しいようです。

真に困っている人は声を出すユトリも、そのスベも知らないのです。

 

写真 これから出番です・・・この子らも親も一生懸命です

f:id:isourounomitu:20151208220204j:plain

f:id:isourounomitu:20151208220235j:plain