読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲海の撮影はみじめに終える。

洞爺湖のまれに出る雲海の写真が、兄からメールで送られてきた。

雲海や霧の風景撮影は難しい。

だから挑戦しようとは思わなかった・・・メールを見るまで。

天気予報を見、目覚ましをかけ、顔も洗わず早朝出発。

目的の山まで約1時間、良い霧(もや)がかかっている。

いいね、イイねと、撮影イメージが確立していく・・・。

対向車はどれも大型トラックで、ライトをつけている・・・???

あと5キロ・・・もやの帯を何度も潜り抜けて、・・・・霧の中。

自分もライトを点けて到着。外に出る気はしない。

カメラを持った人が1人、2人と戻ってくる。

もしかしてと歩き始める・・・・もしかは無かった。

また車の中で、タバコをくゆらし、コーヒーを流し込み、

シュークリームをほおばり20分、30分、もう帰ろうか?

霧は一瞬で晴れることがある、・・・1時間・・・霧は晴れない。

クリームが胸元についている。

紙でぬぐったら目立たない・・・妻には黙っていよう。

帰ることにする。進むにだんだん霧は晴れてくる。

晴れているところに移動しているのか?現地も晴れつつあるのか?

戻ろうか・・・戻ってまた霧の中なら悲しい・・・やっぱり帰ろう。

f:id:isourounomitu:20151024220737j:plain

f:id:isourounomitu:20151024220754j:plain

栗の木の風景

f:id:isourounomitu:20151024220807j:plain

ヤチダモの木