読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友人が交通事故で駆けつける

友人が交通事故・・・との知らせに駆けつける。

一旦停止を忘れてトラックに追突される。

奥さんから私に連絡してきた。

すぐに必要品と思われるものを持って搬送先の病院に駆けつける。

幸い軽傷で済み、そのまま連れ帰ることができた。

フロントガラスが汚れていたので、

ワイパーを回したが水の出が悪いのでこれに気が集中し、

気がついたときは停止位置を超えていたとのこと。

若いころは運動神経が良かった本人も、

最近は体力的に衰えてきたことを感じていたが、

自分の高齢化の状況にショックを感じていた。

車を止めてワイパーを操作すべきであったと反省していたが、

同時に2・3の動作が出来ていたことも、

年なりに区切ってしなければならないのだろう。

 

私は、今日出来ることは、明日もできると、無理をしない。

今日してしまったら、明日の仕事(すべきこと)が無くなるから。

 

私が現職のころ、急の休暇を取ることが出来ない状況であったため、

本来駆けつけなければならない状況でも、

それが出来ず申し訳ない事がしばしばあった。

退職してからは、何かあったらいつでも駆けつける、相談に乗る、

との意気込みでいる。

今のところ、ほぼ8割方それらに対応できていると感じているが、

現職のときお世話になった方々に対してはまだまだ頑張らなければと思う。

 

写真・・・年をとっても、美しいものは美しく感じたい。

f:id:isourounomitu:20141108004436j:plain

f:id:isourounomitu:20141108004457j:plain