読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大手予備校が縮小・・・子どもの減少

大手予備校が大規模に閉校するという。

予備校の運営方法が変わってきていることと、

子どもが減少し現役進学が増えてきているとのこと。

これも時代の流れなのだろう。

 

中学・高校程度の学力が無い者が大学卒業者にいる。

これまでの就職環境が悪い状況下にあって、

高校としてはとりあえず進学してくれれば責任(関係)は無くなるのだから。

親もこれに同意し、本人は目的もなく入れる大学(学部)・専門学校に進む。

たとえばA大学で、法学部は無理、経済学部?、水産学部は入れそう・・・

入学してから考えも変わるだろうから、絶対的否定はできないが、それは結果論。

勉強する意思があまり無いのなら、

せめて大学内外のサークル活動などに励んでほしいものだ。

また、アルバイトも良い経験になると思う。

親も無理して、子どもが十分に満足できる金銭保証はすべきでないと思う。

 

写真は ・大正時代の広告 ・学生モデルは今はどんな社会生活を?

f:id:isourounomitu:20140901223538j:plain

f:id:isourounomitu:20140901223617j:plain