読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりに会えたお盆

今年のお盆は、20年以上会っていない複数の人に会えた。

20年ぶりの墓参り・・・、地元を出てから初めての帰省・・・

面影がかすかにあるが、話をすると当時を思い出す。

これが最後かもと考えての一大決意の帰省。

墓の将来を案じての不安な帰省。

多くの人が老後・死後について真剣に考えている。

これも生活にゆとりがある表われであろう。

墓のあり方が変わろうとしているように感じる。

子どもたちも帰省する。

大変だと言いながらも子・孫との触れ合いは明るい。

夫の親、妻の親が経済的にも支えている。

これが無い若夫婦の生活は大変であろう。

いつの間にか子も孫を連れてくる・・・自分は若いつもりなのだが・・

f:id:isourounomitu:20140820213934j:plain

f:id:isourounomitu:20140820213858j:plain

f:id:isourounomitu:20140820213958j:plain