いかつい顔のシメ(再発信)

今日未明に発信したブログについて。 朝、誤字を訂正しようとして、和文にならないのであちこち触っていたら、全文消えてしまった。 すでに読まれている方、コメントをくれた方々には大変申し訳なくお詫び申し上げます。 文書の控が無いため、前回と表現が異…

小鳥の写真を盾に弁解

ミヤマカケス 今年こそは意味深い文を書こうと思っていたのだが、もう2月も過ぎようとしている。 そもそも、これといった考えも無いのだから、書けるわけもないのが事実。 時季外れの写真になっても困るから、あと数回、小鳥などの写真で何とかしのぐか。 …

アカゲラ

沖縄の県民投票の結果は、予想以上に反対票が多かったように思う。 沖縄の友人からの昨日の情報では、自民党が投票に行かないよう強力な啓もう活動をしていたので、明るい返事ではなかったが、 投票資格者の1/4以上の反対を超えた。でも政府はこれを無視…

地震報告とコガラ

昨夜の大きな地震で我が地域は震度4。前回の地震とほぼ同じ(若干北に動いた)ところの震源地であるが、マグニチュードは5.7と前回より小さい。 すぐに町内を回ったが外見上異常なし。屋根の雪もずれ落ちていなかったので安心したところ。 前回はグラスが棚…

シジュウカラ

近くの餌場はスズメの大衆食堂。そこにヒヨドリが居座って、シジュウカラが遠慮しながら食に付いている。 シジュウカラと同様に、 遠慮しているしているヤマガラ。もっと遠慮しているのがコガラ。(次回の予定) コガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、私は通常「…

小鳥の中で強いヒヨドリは、可愛いところもある。

餌場では通常、ヒヨドリが食べた後に、スズメなどの小鳥が食にありつけるそうだ。 近くの家の餌場は、数か所に米やヒマワリの種が豊富に用意されているせいか、スズメとヒヨドリが仲良く食べている。 食事中のスズメたちは急に近くの木の中に隠れ、ほどなく…

強風の後とヤマガラの写真

昨日からしばらくの間、気温が上がるとの予報。 強風の翌日、一時の晴れ間に写真撮影。お世話になっている独居婦人の様子見方々出かけた。 近所の農家の方が、トラクターで開けてくれた農道。 左(西)から吹く風が、道路に雪を運んだことが想像できるだろう…

道路の排雪作業 2‐2 とハイタカの写真

翌朝、早朝に排雪作業が始まった。重機の音と、ダンプに伝える「前へ・・・前へ・・・ストップ」のマイクの声に起こされる。 こんな勢いで積み上げるので、数分でトラック満杯になる。 雪の色が青いのは、朝日が差してきたから。 本来、次のダンプ2・3台が待…

道路の排雪作業 2‐1 と 鷹?の写真

排雪をすれと簡単に言うが、あちこちの道路を通行止めにし、何台もの重機やトラック、多くの警備員を配置しなければならない。当然に莫大な経費が。 関東方面も雪が降り交通網に支障が起きているとのこと。 積雪対応が出来ていないから、それなりの自己対応…

朝日とスズメ 2‐2

月に見えるかもしれないこの写真も朝日です。 朝日が出て間もなく急に雲が広がってきた。 ならばと、場所を変え・・・ 目的も無くブラブラと車を走らせ、パチパチと。 雪が降り続き、曇天が続く。そんな天気に慣れたのか、あきらめたのか、スズメたちは飛び…

朝日とスズメ 2‐1

『朝日とスズメ』と言う表題に意味はない。ただ、朝日の写真とスズメの写真を掲載しただけの事。 私は現職の時から7時30分頃まで寝る朝寝坊。 年寄りは朝が早いと言われるが、今は目が覚めた時に起きる生活で、9時過ぎまで寝ていることもよくある。 そんな私…

正月に来てくれる最後の子供

???・・・ 説明は後ほど 正月、2人の友人の子が、それぞれに子供(孫)を連れて、我が家に集合してくれる。 10年ほど前までは、正月の数日間に多くの子供たちが集まってくれていた。 (今回の写真は目障りなものが多いので、色で隠しています) プラスチ…

雪遊びよりもU.S.A.

友人の孫たちに会うため土産を持って押しかけた。東京に住む幼児たちは、雪の広い庭で遊ぼうとはしない。 北海道来て1か月たつのに、未だに雪を恐れているそうだ。母親も子供の頃は怖がりで、花火を窓越しで見ていた。 音楽をかけてもらっては、踊り続けるU.…

数年ぶりの強烈な猛吹雪

21日は早朝から夕方まで強烈な猛吹雪。ここ2~3年、記憶に残るほどの積雪量や猛吹雪は無かった。 希望者を取りまとめて、除排雪を業者委託しているのだが、積雪量が少ないから委託料の減額を求める声も出るほど雪が少ない年が続いた。 そしてまた、明日まで大…

はしゃぐ仔馬(馬‐最終)

これまでの写真は、12月下旬に写した安平町の牧場。今は雪深い牧場になっているだろう。 被災地では復興の動きも活発だが、まだまだ辛い日々が続いているよう。 雪上綱引きが行われ、ボランティアの参加もあって例年以上に参加者が多かったそう。 こんな時に…

じゃれ合う馬 2‐2

馬の写真だけと批判されそうなので、今回は馬には関係ないですが、正月の『福引』の話を少しまじえて。 紙でできている『三角くじ』は、1等賞、2等賞・・・はずれ、と印刷されて売っている。 当たりくじの枚数を決めて、四角い紙を手作業で半分 (三角)に折…

じゃれ合う馬 2-1

自治区の新年総会も終わり、 友人の子と孫たちを含め、予定の来客もほぼ終わり、 その間の写真整理はまだ2,3日かかりそう。 火曜日からはそれほど重要でもない各種会議をこなしていると、1月が終わる。 馬が食べて、走って、じゃれ合って1日を過ごすと同じ…

牧場の馬は普段、のんびりしています。2-2

自由気ままな馬たちを見ると、心が癒され幸せを感じる。 安平町の牧場からの連載。カメキチさんの要望もあって、写真に言葉(解説)を入れて見ましたので文書は省略。

牧場の馬は普段、のんびりしています 2-1

しばらくの間、牧場の馬の写真が続きます。 安平町にある牧場で、まだ雪が少ない12月に写した写真です。 今日の写真は落ち着いた馬の姿。 (昔の思い出) 手でピントを合わせるカメラの時代、牧柵の中に入って自由に写して良いと言われ、喜んで中で写そうと…

アイスキャンドル

町内会での発案で、1999年最後の日にアイスキャンドルを灯した。 除夜の鐘突きに、神社の初詣にと、我が町内を通る人が多いことを意識してのこと。 あれから19年、互いに歳を取り、近年は年末の暖冬もあって、設置数は当時の半数以下に減った。 空洞を作るた…

新春のお慶びを申し上げます。

除夜の鐘の写真から 皆様の新年ブログを拝見するに、それなりに穏やかな正月であるようで何よりです。 表題をあえて「新春のお慶びを申し上げます」としたが、この言葉はこれまで使ったことは無い。 雪に覆われて暮らす者にとって「春」とはどうしても言葉に…

師走だ。走れ、走れ、コータロー‼ ⁇

雪がだいぶ解けた日と、5センチ程度の雪が降った日に馬を見に行った。 馬は何時も牧場に出ているわけでないが、幸いに多くの馬を見ることが出来た。 牧場は写真のように連なっていて、手前の牧柵が邪魔にならないように、牧柵沿いの少し高い道路に立って遠く…

障害者手帳と障害者年金

障害者年金に関心ない人が多いと思いますので、 本題と関係ない風景写真でも見てください。 21日ボケーとニュースを見ていたら、障害者年金(以下「年金」と表現)を受けている人が、障害者手帳(以下「手帳」と表現)を持っている人の3割程度とのこと。 残…

昨日は小雨、しばらく暖気が続きそう。

(雪の白をそのまま出すと、影は青く見える) 12月中旬の真冬日の風景写真から、挨拶代わりの近況報告。 (パウダースノーと言われる雪の降り方は綺麗ではない) ブログに取り上げるようなこともない日々が続いている。12月上旬から最近にない積雪量と、最低…

シラサギ最終

幕開け ようやくたどり着いて、ケンカをしに行ったと思っていたら、求愛だった。 熱く燃えろ・燃えるのだ・・・ 急に羽を閉じて何かを語っているような感じ。どうした? そして激しく・・・? あれ、おかしい・・・ 怒られている。 怒られて・・・攻撃されて…

シラサギ4(歩き続ける)

先ほどこの場から飛び立って、戻ってきたシラサギの着地は、 よろよろと倒れる様な恥ずかしい姿。 シラサギは通常、首を伸ばして歩く。 なのに、着地が下手だったシラサギが、首をすくめ意気込んでいるように歩き始めた。 ケンカでも売る気なのか? 綺麗に着…

シラサギ3(着地)

着地直前の姿は優雅に思う。 以下全ての写真は、後から来た2羽のどちらか一方を集中して写した連続写真です。 そして着地。飛行機のように着地には時間がかかる。以下連写 ID happy-ok3 さんに教えられたのだが、白鳥などの大型鳥は着地の時怪我をする可能性…

シラサギ2(空に舞う)

シラサギは飛んで行った。 はるか遠くで、左に向きを変えた。 遠くから飛んできた2羽のシラサギと合流して、こちらの方に戻ってきた。 3羽はそれぞれに私の頭上を旋回し、着地場所を探している。 白鳥もシラサギも正面から見ると面白いかをしている。 そし…

シラサギ(1、シラサギの姿)

シラサギの目は白色に覆われた薄い黄色なので、直射日光を浴びると目の輪郭が綺麗に出ない。 シラサギは数年前から見かけることがあった。今年になってから、シラサギはある池によく立ち寄るようになった。 その池から数百メートル離れた場所に、キツネとア…

キツネを振り回してやった(キツネ2-2)

前回のキツネに出会って2日後、 別の場所で、それも公道でキツネに出会った。 今年はキツネに6,7回出会っただろうか。 15メートル程の近距離で、キツネはどう動くべきか判断に困っているようだ。 車を止め、車中からフロントガラス越しに写真を撮ったら、キ…